中日・門倉コーチは既婚女性とのダブル不倫が妻にバレ、逃げるしかなかった!? カギ握る同居次男の存在

関連キーワード:

,

,

,

,

中日・門倉コーチは既婚女性とのダブル不倫が妻にバレ、逃げるしかなかった!? カギ握る同居次男の存在の画像1
画像は「門倉健オフィシャルブログ」より引用

 失踪した元中日ドラゴンズ二軍投手コーチの門倉健が“発見”されたと、2日配信の「FRIDAYデジタル」が報じた。同サイトによると、門倉は横浜市内の公園で寝袋にくるまって野宿しているところを発見されたという。決定的な証拠写真はないものの、複数メディアが後追い。これに週刊誌デスクは「マスコミも当初から“事件性”はないと判断しており、門倉の安否や滞在先について何となくの情報は得ていた。『やっと動いたか』といった反応がほとんど」と語る。

“事件”が明るみに出たのは5月15日。同日の練習を無断で欠勤した門倉は、スマホと財布を置いたまま行方不明となり、音信不通状態となった。翌日には家族から捜索願が出され、5月25日、退団届が球団宛に届いた。

 ファンから安否を心配する声が上がるなか、3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は失踪の背景に、愛人女性とのダブル不倫を挙げた。舞台裏を知る関係者の話。

「門倉には神奈川県川崎市に住む既婚の愛人がいました。彼女は中日ファンで、門倉が名古屋に単身赴任中にデートを重ねていたそうです。失踪中は駆け落ち状態で、女性が夫に連れ戻されるまでの10日間前後、川崎市内のホテルに二人で宿泊していたそうです」

 どうやら門倉と愛人女性は何もかもかなぐり捨てて“逃避行”していたようだが、ことはそう単純ではない。

「不倫していたことが門倉さんの妻にバレたのです。これに門倉さんは顔面蒼白となり、『逃げ』の選択をした。彼は奥さんのことを心底恐れていた」(同)

 門倉夫人は5月28日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」の電話取材に応じ、 夫婦仲に問題はなかったと述べたうえで、 「(夫は)大事な存在です。早く帰って来てほしいです。連絡ください」と涙ながらに訴えた。番組では結婚から20年超、毎日テレビ電話をし、失踪前日には6時間も話していたことが明かされた。球界関係者は「ちょっとした“監視生活”ですよ。門倉さんはそれが嫌で過去にも“家出”しています」と証言する。

 門倉は仕事の都合上、妻と離れ、次男と一緒に名古屋市内で暮らしていた。当然、次男にも事情を聴いたそうだが「決定的なことは一切答えなかった。次男は“父親の味方”。複雑な家庭事情をわかっており、自分が喋ることで、父親を追い込むことになるとわかっていた」(スポーツ紙記者)という。

 門倉の妻が日本人ではなく、結婚前は「ある団体に所属していた」(同)という情報もある。今後について、前出スポーツ紙記者は「おそらく奥さんとは離婚とはならないだろう。ただ、これだけの騒ぎを起こしたのだから、門倉の球界復帰はない。どうやって稼いでいくつもりなのか」と話す。騒動に関して本人が会見を行う予定も現時点でないという。

 まだまだ一件落着とはいかないが、ひとまず「生きていて良かった」といったところだろう。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

中日・門倉コーチは既婚女性とのダブル不倫が妻にバレ、逃げるしかなかった!? カギ握る同居次男の存在のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル