「小室文書」が踏み込んでしまった“最大のタブー”とは!? 「気付いているのか…」遠のく眞子さまとの未来、皇室ライターも唖然!

「小室文書」が踏み込んでしまった最大のタブーとは!? 「気付いているのか…」遠のく眞子さまとの未来、皇室ライターも唖然!の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)

 秋篠宮家長女の眞子さまとの結婚が延期になっている小室圭さんの周辺が、相変わらずかまびすしい。いまだ解決の見通しがたっていないどころか、むしろ遠ざかっている。

「目に見える形で説明してほしいという皇室サイドの意向に対し、小室さんが4月8日にいわゆる“小室文書”を発表しました。A4サイズ28ページにわたる“大作”だったのですが、一貫して強調しているのは自身の正当性。これには皇室サイドも頭を抱えたといいます」(皇室ライター)

 くだんの金銭トラブルは至極シンプルだ。小室さんの母・佳代さんの元婚約者X氏が、小室母子に400万円を提供した。ところが、小室家は「贈与」とみなし、X氏は「貸し付け」とみなして意見が真っ二つ。小室文書は改めて「贈与」だったことをあの手この手で説明しているにすぎない。

「秋篠宮さまや世間は、小室さんの正当性を求めているわけではないのです。百歩譲って小室母子が贈与として受け取ったとしても、今小室さんがやるべきことはX氏に深い感謝を示すこと。そのうえで、秋篠宮家をはじめ皇室に迷惑をかけたことを謝罪し、すみやかに400万円を返済すればいいだけです。それを小室文書では真逆のことをやってしまっている」(同ライター)

 文書は、ほかにも突っ込みどころ満載。例えば、秋篠宮さまは「多くの人が納得し、喜んでくれる状況」を求めているにもかかわらず、文書の最後の方では「理解してくださる人が一人でもいらっしゃいましたら幸いです」と記し、ネット上では「いや、一人じゃダメだろ」と即批判されてしまった。しかも、新たに佳代さんの遺族年金不正疑惑まで浮上してしまい、“やってしまった感”は否めない。逆風が強まることに焦ったのか、文書発表直後に解決金を払うことを表明。ところがX氏や皇室サイドに何ら根回しもせず、あまりの唐突な表明に世間からは「いったい小室家は何がやりたいんだ!」と猛バッシングの嵐となった。

 だが、この文書が“最大のタブー”に踏み込んでしまっていることに小室さんは気付いているだろうか。ヒントになるのが4月9日に行われた加地隆治皇嗣職大夫の会見だ。ここで同大夫は、小室さんが文書で示した「何の話し合いもせずにお金を渡すことはせず、きちんと話し合い理解を得たうえで解決する」との基本方針には、眞子さまの意向が大きく影響したことを明かしている。事情通が証言する。

「その話し合いがX氏の理解をまるで得られないから騒動になっているのですが、X氏はもう70代です。生活は苦しく、今も働きに出ている。そんな社会的にも弱い一般人を、法律用語を駆使し、盗聴音声までチラつかせて小室文書は追い込んでいる。それに眞子さまの影響があったという事実は重い。平成天皇(現上皇さま)が作り上げてきた天皇像は国民に寄り添う存在だからです。それを否定することになりかねません」

 小室さんは先月23日に留学先の米国フォーダム大学を卒業。7月のニューヨーク州の司法試験を目指すとされるが、現在のところ帰国も会見の予定もないという。“虎の尾”を踏んでしまった小室さんと眞子さまの未来が見えない。

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「小室文書」が踏み込んでしまった“最大のタブー”とは!? 「気付いているのか…」遠のく眞子さまとの未来、皇室ライターも唖然!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル