日本の政界に「霊能省」が誕生!? “新型コロナのお祓い”でボロ儲けの祈祷師が宇都宮に出現、信者1万人を目指し…!?

関連キーワード:

,

画像は「Getty Images」より引用


 栃木県宇都宮市で、霊能者を名乗る元格闘家の男が「新型コロナウイルスに効果のある“お祓い”」と称する施術をしながら信者を集めているという。男は「信者が1万人を超えたら政界に出て日本の行政機関に霊能省を作る」と語っているそうだ。

「その男はお年寄りや無知な人を騙して、自分の霊能力があればワクチンはいらないとか、新型コロナにかからなくなるとか言って、5万円とか10万円の施術料を取っているんです。たちが悪いのは信者や客に対して、宇都宮界隈で活動する占い師の悪口を言いまわっていることです」

 こう話すのは、この情報を寄せた同市内で占い師をしている女性Aさん。男がパンデミックに便乗した悪質な霊感商法をしていると見て、警察にも情報提供、自身への営業妨害にもなるとして直接、抗議の電話をかけたという。

「でも、男は『君みたいな詐欺占いを撲滅するのも竜神様から授かった私の役目』とか言って、会話が嚙み合わなかったです」(Aさん)

 男は過去に格闘技イベントに4度出場したが全敗している30代の元格闘家。Aさんがその素性を調べたのは理由があった。男は6年前、霊感商法で男児を死亡させた自称祈祷師の「一番弟子」を名乗っていたからだ。

 事件は15年、糖尿病を患った当時7歳の男児の両親にインスリン投与の中止を指示、男児を死亡させたもので、60代の自称祈祷師に殺人罪で懲役14年6月の判決が下った。祈祷師は治療と称して呪文を唱え、200万円もの高額報酬を受け取っていたとされる。元格闘家はその祈祷師を「竜神様の使い」といまだ崇め、自身を「一番弟子」と言っているのだという。

「あれだけのひどい事件を起こしたインチキ祈祷師を称えるようなことを言って、自分もまたインチキな施術で商売しているのは看過できないですよ」(Aさん)

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

日本の政界に「霊能省」が誕生!? “新型コロナのお祓い”でボロ儲けの祈祷師が宇都宮に出現、信者1万人を目指し…!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル