熊田曜子“ウーマナイザーでノンストップ不倫”の波紋! 乱れた性の根源は“セックスファースト教育”か

関連キーワード:

,

,

 タレント・熊田曜子と夫A氏の泥沼の離婚トラブルは収拾がつかない。

 発端は、先月中旬、A氏が熊田に暴力を振るったとして、警視庁高輪署に暴行容疑で逮捕されたこと。通報したのは熊田本人で、A氏は書類送検され釈放されたものの、熊田はまだ被害届を取り下げていない。

 これに激怒したA氏は複数のメディアを使って、熊田の“恥部”を暴露。3人の娘の面倒は主にA氏と義母がみていたことや、熊田が「プロ」と呼ぶ番組プロデューサーとの不倫疑惑、さらにはママバックの中から「ウーマナイザー」なる“大人のオモチャ”を常備していたことなどが明かされた。

熊田曜子ウーマナイザーでノンストップ不倫の波紋! 乱れた性の根源はセックスファースト教育かの画像1
画像は、熊田曜子 公式インスタグラム より引用

 熊田も熊田で、A氏の苛烈なDVエピソードを次々と投下しているが、インパクトという点で完全に劣っているのが実情。ネット上では熊田の不倫相手がフジテレビ系情報番組「ノンストップ!」のX氏であるという説が広まり「ウーマナイザーでノンストップ不倫」というとんでもないパワーワードまで生まれる始末だ。

 スポーツ紙芸能担当記者は「当初、熊田さんサイドはマスコミ各社に『不倫疑惑について触れるな』『報じたら今後の取材はNGだ』と強気の姿勢でしたが、A氏の逆襲に遭い意気消沈。熊田さんの事務所社長が古いタイプの人で、ネットメディアを軽く見ていたのも甘かった。今では完全にやり込められています」と解説する。そんな事務所の“体たらく”に熊田も「どうにかしてよ」と不満を溜め込んでいるとか。

「一連の報道で『ウーマイザー』がトレンドになり、某ネット通販ではこれみよがしに“特売”セールが始まり、好評なようです。熊田さんはマージンをもらってもいいくらい(笑)。これで熊田さんはすっかりエロキャラのイメージが定着。もう払拭するのは無理かもしれませんね」(同)

 16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、元カレが“セックスファースト”な熊田の“生態”を暴露。ある時、彼女のケータイをのぞいたところ、番組関係者や実業家とエロワードでやりとりする様子が収められていたという。

「熊田さんは過去にバラエティー番組で『親から若いうちはエッチしまくった方いい、と言われた』と告白し、話題になりましたが、ネタではなかったようですね。芸能界でも一時期、イケメンタレントYが熊田さんに『飲みに行こう』『今日空いてる?』としつこく口説いていましたが、そういうカラクリだったのか、と(笑)」(テレビ関係者)

 ちなみにYは10年前まではテレビで見ない日はないほどの売れっ子だったが、最近は見る影もない。DV被害者のはずが心身ともにズタボロの熊田。早く平穏な日が訪れればいいが…。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

熊田曜子“ウーマナイザーでノンストップ不倫”の波紋! 乱れた性の根源は“セックスファースト教育”かのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル