かつて寒村で行われていた“性的いじめ”がヤバすぎる! レイプ、オナニー強要は当たり前、自殺者は… おぞましい実態を旧村民が暴露

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

かつて寒村で行われていた性的いじめがヤバすぎる! レイプ、オナニー強要は当たり前、自殺者は… おぞましい実態を旧村民が暴露の画像1
画像は「ゲッティ」より引用

  最近は学校や職場などを舞台に、性行為を強制し、そうした姿をスマホなどで撮影しては、さらなるいじめの材料にするといった“性的いじめ”が横行し、その被害者が自殺するケースも出るなど、深刻な社会問題となりつつあるが、こうした心ない行為は、なにも昨日今日始まったわけではなく、意外と古い時代から行われていたようだ。

 

「もともと村にいた連中が狙われることはほとんどなくてね。大抵はよそから来た人が標的になっていたよ」

 

 かつて東北地方のとある寒村で行われていたという、忌まわしき“性的いじめ”の実態についてそう語りはじめたのは、当地で代々農業を続けているという河村武三さん(仮名・84)。なんでも河村さんの話によると、その昔、当地で暮らす人々は、絶えず“いじめの標的”になる人物を作り出し、その人物に対して“性的いじめ”をはじめとする理不尽な仕打ちを執拗に繰り返すことで、村人たちのガス抜きをしてきたという、あまりに暗い過去があるという。

 

「男でも女でも、最初は物を隠すとか、壊すとか、そういう子供じみたことから始めてね。それがだんだん酷くなって、最後はみんなの前でナニさせたり、女だったら犯したりするっていう。そういう話だね」

 

かつて寒村で行われていた性的いじめがヤバすぎる! レイプ、オナニー強要は当たり前、自殺者は… おぞましい実態を旧村民が暴露の画像2
画像は「ゲッティ」より引用

 最初は被害者でさえも「気のせいかな?」と感じるような、イタズラじみた行為からはじまり、徐々にエスカレートしていくという当地のいじめ。それは最終的に“公開オナニー”や“公開レイプ”といった、もはや性犯罪でしかない「性的いじめ」になるというが、大抵そのレベルまでになると、被害者は引っ越すか自殺するかという痛ましい状況になるのだという。

 

「そうなるとまた次の人間が選ばれて、同じことの繰り返し。うちはアレ(※村八分)だから関係なかったけどね。傍目にも酷い有り様だったよ」

 

 ちなみに、被害者が自殺した場合、河村さん宅のような村八分の家の軒先に、遺体を捨て、“後始末”を押しつけることが通例となっていたというから、なんともおぞましい話といえるだろう。

 

「まぁ、今じゃね、そういう連中もみんな墓の下に入っちまって、あの頃の話をする人間もいなくなったけどさ。俺は死ぬまで忘れないよ」

 

 近年しきりに行われ、しばしば自殺者を生む性的いじめ。その根底に存在しているのは、かつて河村さんたちが目のあたりにしていた村社会特有の陰湿かつ卑劣な人々の心理と、さして変わぬものなのかもしれない。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

かつて寒村で行われていた“性的いじめ”がヤバすぎる! レイプ、オナニー強要は当たり前、自殺者は… おぞましい実態を旧村民が暴露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル