島田紳助氏・枕営業騒動のマリエに新たな動き? 熊田曜子のウーマナイザー不倫で再注目される芸能界の闇

 2011年に引退した島田紳助氏から枕営業を持ち掛けられたと告発するも尻すぼみに終わっていたマリエが再び息を吹き返しそうだ。きっかけはDV&不倫疑惑&ウーマナイザーで渦中の熊田曜子。かつて紳助氏と沖縄で密会している写真を撮られたことがあったが、その時から様々なことが囁かれていた。今、再びそのことにスポットライトが当たっており、一部から嘘つき認定されていたマリエ告発の真実性はグッと上がっている。

 4月に紳助氏から枕営業を求められたこと、同席した出川哲朗ややるせなすから勧められたとインスタライブで告発したマリエだが、その後は目立った動きは見せていない。それどころか出川、やるせなすが完全否定したことで、両者のファンからは「嘘つき」 としてバッシングされる始末だ。このままこの話題からフェードアウトするかと思われたが、予想外の事が起きた。

 それは熊田の泥沼の離婚問題だ。夫のDVを警察に訴えた一方で、夫からは週刊誌を通じて不倫疑惑を告発された。あまりにも生々しい話から熊田に対する注目度は急上昇、一部週刊誌は元カレを引っ張り出して熊田のセックス観などを報じた。「熊田ネタは読者の引きがいい。本丸は紳助氏との関係で、各誌が鋭意取材を進めている」(週刊誌関係者)

 これはマリエにとっては僥倖だ。決死の告発がスルーされて風化した理由は、やはりどこまで本当なのか分からないという事が大きか った。熊田と紳助氏の過去が洗い出されるのに比例して、マリエの主張の正しさが証明されることにもなるからだ。

 自身にとって追い風が吹いていることを感じ取ったのか、マリエは妙な動きを取っている。「5月にマリエの母、玉木真理さんは地域政党『減税とうきょう』から7月投開票の都議選に出馬することを表明。当初はマリエも応援していたが、熊田の夫婦問題が明るみに出てから突然、出馬に反対するようになった」(テレビ局関係者)

 母の出馬に反対した理由は芸能活動に支障が出るということらしいが、そもそもの話として今はほとんど芸能活動はしていない。「だからこれは口実で、本当は枕営業告発に向けて新たな動きをするのではないかと見られている。かねてから言われていた本を出版したりとか。この業界にいたら熊 田のスキャンダル=紳助氏の名前が出てくることは百も承知で、絶好のタイミングと踏んだのではないか」(前出関係者)

 マリエの戦い第二章が始まりそうだ。 

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

島田紳助氏・枕営業騒動のマリエに新たな動き? 熊田曜子のウーマナイザー不倫で再注目される芸能界の闇のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル