釈由美子が“コロナ禍を予言した”映画のヤバすぎる撮影秘話を激白! 鳥肌が止まらない…『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!

釈由美子がコロナ禍を予言した映画のヤバすぎる撮影秘話を激白! 鳥肌が止まらない…『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!の画像1
2021年7月2日(金)より全国ロードショー!!

 人気女優・釈由美子の世界初進出作となるトカナ配給映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』が7月2日(金)に全国ロードショーを迎える。本作は、謎の殺人ウイルスの感染爆発が起こったホテルを舞台に描かれるパンデミック・ホラー。撮影は2019年1月だが、同年12月に中国・武漢市を震源として世界各国に新型コロナウイルスの感染が拡がったとされている。劇中でおぞましい形相で呻き、のたうち回りながら絶命する感染者の様子はまさに現在の状況を予言していたかのようである。

 本作で釈が演じたのは、ウイルスで汚染されたホテルに運悪く宿泊してしまった臨月間近の妊婦・ナオミ。支配的な夫から逃れ異国のホテルに1人滞在している日本人という難しい役どころだ。しかし、そんなナオミの複雑な心境を釈は見事に演じきっており、謎の殺人ウイルスに冒されながらもお腹の我が子を守ろうとする命がけの演技には、鬼気迫るものがある。

7月3日(土)、釈由美子が劇場にやって来る! 舞台挨拶の詳細はコチラ!

 90年代後半、釈はキュートなルックスとナイスバディでグラビアアイドルとして大ブレイク。その後、2001年に『修羅雪姫』で映画初主演を飾ると、2002年『ゴジラ×メカゴジラ』、2003年にはドラマ『スカイハイ』(テレビ朝日系)と立て続けに主演をこなし、瞬く間に女優として押しも押されもせぬ存在となった。今や日本を代表するマルチタレントとなった釈だが、私生活では2015年に実業家の男性と結婚し、現在は一児の母でもある。それに加えて、実は彼女は「小さいおじさん」が見えるなど驚異の霊感体質でもあり、トカナとしても非常に興味深い存在なのだ。

 そこで今回、映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開を記念して本人に直撃インタビューを実施。撮影秘話から心霊体験に至るまで、余すところなく語り尽くしてもらった。

■釈由美子、世界進出ホラー映画はこうして誕生した!

――本作は釈さんにとって初めての海外作品ですが、オファーを受けた時の率直な思いを教えていただけますか?

釈由美子がコロナ禍を予言した映画のヤバすぎる撮影秘話を激白! 鳥肌が止まらない…『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!の画像2
釈由美子(撮影=橋本美花)

釈由美子氏(以下、釈)  お話をいただいた時、作品の概要も台本も全部英語だったんです。一般的には翻訳されたものを渡されたりするのでしょうが、英語のまま全部自分で読みました。知らない単語が出てきた時は、辞書で調べたりしながら読み進めていきましたね。でも、「ぴくぴくする」とか「痙攣する」とかいう言葉がたくさん出てきて、最初は不思議な印象で、全体的なイメージが捉え辛い作品だと思いました。

――感染症に関わるホラー映画だということはわかっても、ディティールが想像しづらかったのですね。

  はい。ホテルの廊下を中心にストーリーが展開するのですが、過去と現在の回想シーンが入り乱れているので、自分の中で内容を咀嚼するのが大変でしたね。

――それでもやってみたいと思われた最大の理由は何でしょうか?

  海外の作品なので、日本の現場ではできない新たな経験ができると思ったからです。

――先方は釈さんをどのように知ったのでしょうか?

  キャスティングの方は、私の主演作の『スカイハイ』や『ゴジラ』を見て気に入ったのでオファーしたとおっしゃっていました。

――なるほど、海外でも人気がある作品ですからね。それで、釈さんは以前NHKの『英語でしゃべらナイト』にレギュラー出演されていたこともあって、英語はもともとお得意だったんですよね?

  ところが、それ以降、まったく英語を使っていなかったので英語力が振り出しに戻っていましたね。

――でも、本作を拝見するとネイティブにも通じる美しい発音で話されていました。どうしたら、あれだけの英語力を習得できるのかなと驚きました。

釈由美子がコロナ禍を予言した映画のヤバすぎる撮影秘話を激白! 鳥肌が止まらない…『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!の画像3
©2020 THE HORRORS OF HALL PRODUCTIONS INC

  いえいえ、英語は全然ダメだなと思い知らされて反省しました。お話をいただいてから6カ月後に撮影のためカナダに行くことがわかっていたので、英会話スクールで集中してマンツーマンの英語レッスンを受けました。自分のセリフの部分は丸暗記すればいいのですが、現場では通訳を介してではなく自分の言葉でやり取りしたいと思っていました。なので、スクールでは主に日常会話を学びましたね。

――では、現地では英語オンリーだったんですね?

  はい。通訳の方は現場にいらっしゃいましたが、現場ではホラーな特殊メイクをしたり、なかなか慌ただしい雰囲気だったので、英語で直接やり取りすることを心がけていましたね。

――初の海外作品の撮影ということですが、日本と比べて現場はいかがだったでしょう?

  海外と日本というよりも、監督による違いの方が大きいのではないかと思います。ただ、撮り方は日本と大きく違うように感じました。あくまでも今回の監督の撮り方だったのかもしれませんが、なんとなく雰囲気で動きだけ確認したら、テストもせずにすぐに本番に入るんです。で、合わなかったらもう一度やるとか。なので何度も同じテイクを重ねることはありましたね。

――ご自身としては、やりやすかったですか?

  はい、やりやすかったです。あと、特殊メイクは何時間も丁寧に細部まで時間をかけて作ってもらって、すごかったですね。

釈由美子が“コロナ禍を予言した”映画のヤバすぎる撮影秘話を激白! 鳥肌が止まらない…『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル