釈由美子が「小さいおじさん・臨死体験・グチャグチャ幽霊」など“超絶オカルト人生”を暴露!『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!

釈由美子が「小さいおじさん・臨死体験・グチャグチャ幽霊」など超絶オカルト人生を暴露!『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!の画像1
2021年7月2日(金)より全国ロードショー!!

 人気女優・釈由美子の世界初進出作となるトカナ配給映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』が7月2日(金)に全国ロードショーを迎える。本作は、謎の殺人ウイルスの感染爆発が起こったホテルを舞台に描かれるパンデミック・ホラー。撮影は2019年1月だが、同年12月に中国・武漢市を震源として世界各国に新型コロナウイルスの感染が拡がったとされている。劇中でおぞましい形相で呻き、のたうち回りながら絶命する感染者の様子はまさに現在の状況を予言していたかのようである。

 本作で釈が演じたのは、ウイルスで汚染されたホテルに運悪く宿泊してしまった臨月間近の妊婦・ナオミ。支配的な夫から逃れ異国のホテルに1人滞在している日本人という難しい役どころだ。しかし、そんなナオミの複雑な心境を釈は見事に演じきっており、謎の殺人ウイルスに冒されながらもお腹の我が子を守ろうとする命がけの演技には、鬼気迫るものがある。

7月3日(土)、釈由美子が劇場にやって来る! 舞台挨拶の詳細はコチラ!

 90年代後半、釈はキュートなルックスとナイスバディでグラビアアイドルとして大ブレイク。その後、2001年に『修羅雪姫』で映画初主演を飾ると、2002年『ゴジラ×メカゴジラ』、2003年にはドラマ『スカイハイ』(テレビ朝日系)と立て続けに主演をこなし、瞬く間に女優として押しも押されもせぬ存在となった。今や日本を代表するマルチタレントとなった釈だが、私生活では2015年に実業家の男性と結婚し、現在は一児の母でもある。それに加えて、実は彼女は「小さいおじさん」が見えるなど驚異の霊感体質でもあり、トカナとしても非常に興味深い存在なのだ。

 そこで今回、映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開を記念して本人に直撃インタビューを実施。撮影秘話から心霊体験に至るまで、余すところなく語り尽くしてもらった。

※ 釈由美子が“コロナ禍を予言した”映画の撮影秘話を語る前編はコチラ

■世界が釈由美子に注目、次の海外作品も決定!?

――今回の作品は釈さんの大きな転機になりそうですが、もう次の海外作品にご出演されたという情報を得たのですが。

釈由美子が「小さいおじさん・臨死体験・グチャグチャ幽霊」など超絶オカルト人生を暴露!『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!の画像2
釈由美子(撮影=橋本美花)

釈由美子氏(以下、釈)  今年の夏に完成しまして、日本公開は年末か来年になると思います。タイトルは『Iké Boys』といって、日本の特撮ヒーローコメディと海外の青春ハイスクール物を合体させたようなすごく不思議な作品です。

――『タイタニック』でレオナルド・ディカプリオの恋敵役を演じたビリー・ゼインとの共演だそうですが、釈さんの役どころは?

  ビリー・ゼインの妻役です。『Iké Boys』では、本作よりも英語でのセリフが多いですね。まだ詳しい内容は言えないのですが、オカルト要素も満載できっとトカナの読者さんにも気に入っていただける作品だと思います。

――そのオファーはどちらから?

  『Iké Boys』の監督はエリック・マキーバーという若い方なんですけれど、すごいゴジラファンなんです。初めて買ったDVDが私が主演した映画『ゴジラ×メカゴジラ』だったそうで「いつか釈由美子と映画を作るのが夢だったんだ」と監督直々に熱く語っていただきました。それでオファーしていただいたんです。

――釈さんの魅力に注目して海外から次々にオファーが殺到しているのですね!

  私は、孤高のヒロインの役が多いんです。強いんだけれど儚さとか切なさを背負っている――そういったキャラクターの場合、ピタッとはまる何かがあるのかもしれませんね。

――コロナ禍で俳優として心境の変化はありましたか?

  コロナの影響で仕事が止まったり、新しいものをなかなか作れなかったりする状況ではありますが、これはある意味、自分の真価を試されているのではないかと思います。自分に実力と人脈と才能があれば、コロナを言い訳にせず普通に今まで通りのことができるのではないかと思います。なので、コロナは自分を見つめ直すきっかけにはなりました。

釈由美子が「小さいおじさん・臨死体験・グチャグチャ幽霊」など超絶オカルト人生を暴露!『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!の画像3
©2020 THE HORRORS OF HALL PRODUCTIONS INC

 あとは、自分もコロナ禍で日々生活している一人としては、エンターテインメントの力ってやっぱり大きいなと思っています。ステイホームの時間に、たくさん映画を見るチャンスを得られて元気をもらうことができました。だけど、緊急事態宣言の自粛期間が明けて映画館の大きなスクリーンで映画を見ると、やっぱり迫力があるなと感動するわけです。そして、実際に舞台を見に行ってリアルに空気感を味わうと、そこから得られるパワーってすごいと感じました。なので、エンターテインメントの火を、表現者の立場としては絶やしてはいけないなと思っています。

釈由美子が「小さいおじさん・臨死体験・グチャグチャ幽霊」など“超絶オカルト人生”を暴露!『ロックダウン・ホテル/死霊感染』公開記念インタビュー!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル