「世界最大のペニスを持つ男」の知られざる悲哀とは!? 全長34cm×太さ20cmの超巨根、空港で止められ、セックスの体位は…!?

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が絶好調だ。7日(日本時間8日)、レッドソックス戦で32号ソロ本塁打を放ち、かつて松井秀喜が打ち立てた日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。投打に大活躍する二刀流、大谷の実力が全米に熱狂を巻き起こしているのだ。

 大谷をめぐっては先月17日(日本時間18日)のタイガース戦で、謎のハプニングも起きている。試合序盤、第1打席を四球で出塁した大谷。すると、不敵な笑みを浮かべながら大谷を出迎えた一塁手のカブレラが、突然、大谷の股間にタッチしたのだ。大谷はすぐに手を振り払い腰を引いた。カブレラは今最もホットな男、大谷の股間のサイズを確かめようとしたのだろうか? 突然の“タッチ”の真意はともかく、世の男性にとって股間のサイズは自らのアイデンティティと関わる極めて重要なバロメーターということは間違いないだろう。

 さて今回お伝えするのは、「世界最大のペニスを持つ男」こと米ニューヨーク在住の俳優ジョナ・ファルコン氏の話。彼の股間に憧れてしまうという男性は多いかも知れないが、実のところ本人にとっては知られざる苦労も多いようで、仕事にも大いに支障があるという。大きすぎる逸物がファルコン氏にもたらした様々な障害、そして幸福――本稿を読んでなお「世界最大のペニスを持つ男」という称号に憧れるか否か、その答えをぜひ考えてみてほしい。2018年6月の記事を再掲する。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「世界最大のペニスを持つ男」は、意外にも大都会・ニューヨーク市出身の俳優だった! さぞや各方面から引っ張りだこの活躍を見せているのかと思いきや、このペニスのせいで俳優としてのキャリアの方はさっぱりだと実情を語っている。それでも、日々の生活はとてもハッピーだというのだが……。

「世界最大のペニスを持つ男」の知られざる悲哀とは!? 全長34cm×太さ20cmの超巨根、空港で止められ、セックスの体位は…!?の画像1news.com.au」の記事より


■全長34センチの“逸品”を持つニューヨーカー

 勃起時には全長約34センチ、太さは周囲20センチにもなるという立派過ぎる“逸品”を所有している男は、アメリカ・ニューヨークの俳優、ジョナ・ファルコン氏(47歳)だ。

『ローリングストーン』誌のインタビューやテレビ出演を通じて彼の股間の事情が知れ渡ったのは1999年のことだという。その時点で、非公式ではありながら「世界最大のペニスを持つ男」の称号(!?)を自他共に認めることになった。

 ちなみにこれまた非公式ながら「世界最大のペニスを持つ男」と呼ばれている人物に、なんと48センチというイチモツを持つメキシコのロベルト・カブレラ氏もいるのだが、先ごろCTスキャンで検査したところ、カブレラ氏のペニスは日頃からウェイトなどを使って包皮を伸ばし続けた結果の賜物であって、“本体”は15センチ程度であることが判明して関係者を失望(!?)させている。

「世界最大のペニスを持つ男」の知られざる悲哀とは!? 全長34cm×太さ20cmの超巨根、空港で止められ、セックスの体位は…!?の画像2The Sun」の記事より

 一方、ファルコン氏のイチモツは何の手も加えられていないまったくのナチュラルな“逸品”だ。勃起時は34センチだが平常時でも24センチある。

 ファルコン氏は先日、英タブロイド紙「The Sun」のインタビューを受けて、この立派過ぎるイチモツがこれまでの人生にどのような影響を及ぼしたのか、まさに“ペニスと私”について思いの丈を打ち明けている。

「世界最大のペニスを持つ男」の知られざる悲哀とは!? 全長34cm×太さ20cmの超巨根、空港で止められ、セックスの体位は…!?の画像3Mirror」の記事より

■俳優のキャリアの妨げに

 1990年代後半からテレビドラマに出演するなど、俳優として活動しているファルコン氏だが、彼のイチモツが有名になってしまって以来、まったくもって“売れない役者”になってしまったということだ。

「(ペニスは)役者生活の上でのハンディキャップになっている。なぜなら制作側が僕を起用しようとしないんだ」(ジョナ・ファルコン氏)

 ファルコン氏が、友人である2人のキャスティングディレクターから聞いたところによれば、制作サイドが配役を検討する際に彼の名前を“ググって”、ペニスのサイズのことを知ると配役の候補から除外するということだ。

「おそらくイギリスやドイツだったらむしろ(ペニスが)キャリアの助けになったかもしれないけど、ハリウッドではネガティブに受け取られているんだ」(ジョナ・ファルコン氏)

 その下半身が“有名”になってからというもの、メジャーな放送局や制作会社からは一切お声がかからなくなったとファルコン氏は話す。いつかは自身でドラマを企画・制作して主役も演じてみたいと考えているということだ。はたしてファルコン氏の夢が叶う日は来るのだろうか。

「世界最大のペニスを持つ男」の知られざる悲哀とは!? 全長34cm×太さ20cmの超巨根、空港で止められ、セックスの体位は…!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル