【閲覧注意】クマに「引き剥がされた」顔面の修復手術がエグすぎる!! 世界で相次ぐ熊襲撃、おぞましい実態が物語る人間の無力さ

関連キーワード:

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】クマに「引き剥がされた」顔面の修復手術がエグすぎる!! 世界で相次ぐ熊襲撃、おぞましい実態が物語る人間の無力さの画像1画像は、「theYNC.com」より

 北海道福島町白符の山林で今月2日午前、顔などが判別できないほどに激しく損傷した遺体が見つかった。警察は、付近の畑で作業していた70代女性がクマに襲われたとみて調べている。

 同日午前9時ごろ、女性の親族が女性が戻ってこないと通報していた。警察などが付近を捜索したところ、午前10時半ごろ、畑から20~30メートルほどの山林で、遺体や衣服が見つかった。遺体には引きちぎられたとみられる跡があり、全身の6割ほどしか残っていなかったという。付近にはクマのものとみられる糞があったほか、クマの巣穴のような場所も発見された。警察と福島町はハンターを要請して警戒を強めるとともに、付近の住民に注意を呼びかけている。

 近年は日本だけでなく世界各地でクマによる襲撃事件が後を絶たない。クマに襲われて一命を取り留めた被害者でも、重傷を負ってしまうことが多い。海外の過激動画共有サイト「theYNC.com」では、クマによって皮膚を引き剥がされた女性の顔面を修復する動画を見られる。男性が剃刀を使って皮膚の状態を整えている。その皮膚を洗浄し、女性の顔の傷口に置いた。この後縫合手術を行うのだろう。目を覆いたくなるほどの痛々しい動画は、クマの危険性を如実に物語っている。

 これまでトカナでも紹介してきた通り、クマに襲撃された人間は悲惨極まりない。今年4月には、露トムスク州テグルデツキー地区で、木こりの男性がクマによって殺害された。男性は、頭皮を引き剥がされた遺体となって発見された。昨年8月には、インド・オリッサ州カラハンディ地区バーワニパットナで、街に現れたクマが、森林警備隊に捕獲されるまでの間、数人の住人らを襲撃して負傷させた。重傷を負った男性は顔や体が血まみれだった。7月には、露クラスノヤルスク地方セヴェロ=エニセイスキーで、湖の近くを一人で散歩していた女性がクマに襲われて死亡した。二児の母だった彼女は両脚を食われた状態で夫に発見され、急いで病院に連れて行かれたが、その途中で息絶えてしまった。

 クマによる襲撃事件の背景には気候変動の影響があるとされる。一方で、人間の都合でクマが住処を奪われたり、食糧を得られなくなったりしたという事情も少なくない。クマと人間の共存が年々難しくなっている。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】クマに「引き剥がされた」顔面の修復手術がエグすぎる!! 世界で相次ぐ熊襲撃、おぞましい実態が物語る人間の無力さのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル