“お財布のアホジャンキー”異名をとる二世俳優X、いよいよ逮捕?覚醒剤やコカインを常習

お財布のアホジャンキー異名をとる二世俳優X、いよいよ逮捕?覚醒剤やコカインを常習の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 有名俳優を父親に、演技力に定評のある美人女優を母親に持つ男性二世タレントのXが、裏社会の人間の間で“お財布のアホジャンキー”とあだ名を付けられて、覚醒剤やコカインなどを常習していることが記者の口から明らかになった。

 Xは両親の他にも親族がタレントとして活躍しているという芸能人一族の出身で、親のコネで芸能人になった典型的な二世タレントだ。多くのテレビドラマや映画、舞台に出演し、現在も活躍しているが、Xの闇は深そうである。

「Xは未成年のとき、薬物逮捕されています。その当時は家庭のゴタゴタもあって、芸能界も引退しています。しかしその後、Xは事件をもみ消すとすぐに事務所を移籍し、芸能活動を再開したのです」(実話誌記者)

 移籍先の芸能事務所は比較的小さいが、とある大物政治家との関係で知られていて、Xの覚醒剤逮捕の後処理もしたそうだ。

「移籍した事務所は、母親が事件のもみ消しを頼んだ代議士の関係先です。もう年齢が20歳に近かったので、本来なら成人扱いのはずだったのですが、身元引受人に某代議士と親が名前を連ねたりして、結局刑事事件にはなりませんでした」(前出実話誌記者)

 この覚醒剤は、Xといつも遊んでいた関東連合OBが用意したモノであったという。Xは今も関東連合OBの一部とつながっていて、そのつてで違法薬物を入手しているようだ。少し前に某大物女優の息子が関東連合メンバーと一緒に行動し、薬物事案などで逮捕されたという事件があったが、この事件はXのケースと類似している。

「昨年に暴力団組員で関東連合OBが覚醒剤事件で逮捕された事件がありましたが、そのときに携帯電話の履歴や無料通信アプリの解析で、Xと違法薬物関係でつながっていることが発覚して、本人も事情聴取されたはずです。警察は間違いなくXをマークしており、逮捕される可能性もあるでしょう」(前出実話誌記者)

 少し前まで人気連続ドラマに脇役として出演していたX。過去を消してNHKの連続ドラマなどにも出演している。XのLINEのIDを取材先から教えてもらい、事実確認のために取材の申し込みをしたが既読にはなっているが連絡はないという。

 過去の事実や、現在も続く関東連合OBとの違法薬物絡みでの交流が発覚する事態になれば、逮捕されずとも“懲りない男”の烙印を押され、再度芸能活動引退もあり得るであろう。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

“お財布のアホジャンキー”異名をとる二世俳優X、いよいよ逮捕?覚醒剤やコカインを常習のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル