【閲覧注意】本当の悪魔儀式で惨殺された女性が悲惨すぎる!! 首絞め、血抜き、解体、カニバリズム… “人身御供”の狂気と現実=仏

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】本当の悪魔儀式で惨殺された女性が悲惨すぎる!! 首絞め、血抜き、解体、カニバリズム… 人身御供の狂気と現実=仏の画像1画像は、「Reddit」より

 人身御供とは、儀式のために人間を殺したり、人体の肉や血、骨を使用したりする行為であり、人類史を通じて広範かつ複雑な様相を呈する現象である。拷問やカニバリズムを伴うこともある。

 このように生贄を伴う儀式の背後には、しばしば神や祖先への最高の供物となる生命エネルギーで血液が構成されているというイデオロギーが見られる。また、人間と神とを統合することによって不死に到達するとともに、人間よりも高いレベルの存在に近づくという主張もある。一部のカルト的な崇拝では、生贄の血を吸収することは生命エネルギーの同化を表すとされる。さらに、生贄が拷問されて痛みが長引くほど、より多くの生命エネルギーが放出されると信じられることさえある。現代では呪医、悪魔崇拝者、吸血鬼、連続殺人鬼などが儀式殺人に及ぶケースが散見される。

 儀式的な犯罪を調査する際、狂信者と単なる犯罪者の違いを認識する必要がある。狂信者は、儀式が特定の信念体系に適合し、必要とされるために犯罪を犯す宗教的実践者であるからだ。彼らはイデオロギーや信条に突き動かされて犯罪に関与する。ほとんどのケースにおいて、特定の伝統儀式の模倣が見られる。一方、単なる犯罪者は、犯罪行為を正当化または合理化するための言い訳としてオカルトを利用することがある。だが、そこに信念体系はないため、儀式の正確な象徴・場所・日付・生贄についてそれほど拘りはなく、特定のグループや伝統とも関係がない。

 今回紹介する海外掲示板「Reddit」で公開された画像は、フランスで起きた儀式殺人の現場を写したものである。犠牲者は絞殺された後に遺体を切断されたという。遺体の損壊や血液の欠如、特定の臓器の切断や除去、カニバリズムの痕跡、薬や酒などの胃の内容物、宝石やお守りなどの残留物など、儀式殺人に特有の法医学的証拠がみられる。事件の詳細は不明だが、加害者は強い情動と信念に駆られて被害者を殺害し、遺体を切り刻んだのだろう。人間の想像力が暴走したとき悲劇が起こる。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】本当の悪魔儀式で惨殺された女性が悲惨すぎる!! 首絞め、血抜き、解体、カニバリズム… “人身御供”の狂気と現実=仏のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル