8月23日はオーストリア少女監禁事件が発覚した日! 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

8月23日はオーストリア少女監禁事件が発覚した日! 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュの画像1
『ナターシャ・カンプッシュのポートレート』( マルティン・モラベク撮影)(写真はナターシャ・カンプッシュのウェブサイトより)

 2003年8月23日は、10歳で誘拐されていたオーストリアの少女、ナターシャ・カンプッシュが、その8年にもわたる誘拐監禁状態から逃げ出した日である。

 そして、その誘拐犯であるヴォルフガング・プリクロピルが電車へ飛び込み自殺をした日である。  

 その誘拐犯の死亡を耳にした彼女は、同情の意を示したという、いわゆる「ストックホルム症候群(誘拐、監禁党の厳しい環境に陥った被害者が、長時間共に過ごすことにより加害者に同情したり好意を抱いてしまう症状)」のエピソードで話題になった事件であった。

 解放後、事件の後遺症と闘いながら2010年に大学を卒業したナターシャは、その監禁の経験を「地下室に閉じ込められ、数度のレイプがありながらも、ラジオ・書籍は与えられたという意外に文化的な環境にあった」と語った。

 それらの詳細を明らかにした事件の告白本『3,096 Days』を出版したが、その出版後のインタビューで「ストックホルム症候群」を「厳しい状況下での合理的な反応に過ぎない」と否定したことでも話題となった。

 ちなみに、この8月23日は、そもそも「ストックホルム症候群」が命名されるきっかけとなった「ノルマルム広場強盗事件」の発生した日でもある(1973年)。

 ストックホルム中心部の銀行に立てこもった犯人のヤン=エリック・オルソンが立てこもり中に寝ている間、人質が警察を威嚇していたということがあったのだ(ちなみに犯人は逮捕されたがその出所後も罪を重ね、後日『Stockholms-syndromet』なる著書を出版)。

 実際のところ、ナターシャのケースがどちらだったかはわからないが、8月23日はこの奇妙な人間の習性「ストックホルム症候群」にまつわる日であることは間違いない。

<8月23日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

8月23日はオーストリア少女監禁事件が発覚した日! 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル