八甲田山の「涙が出てくるほど怖かった」心霊体験とは!? 謎の光、“比率のおかしい”人間が… 映画監督・豊島圭介が暴露!

八甲田山の「涙が出てくるほど怖かった」心霊体験とは!? 謎の光、比率のおかしい人間が… 映画監督・豊島圭介が暴露!の画像1

 曰くつきスポットでの心霊映像撮影に挑む、一切やらせ無しの名物シリーズ「怪談新耳袋Gメン」が、ついに完結を迎える。この8月、最後にしてシリーズ最大の問題作『怪談新耳袋Gメン ラスト・ツアー』が、映画祭「夏のホラー秘宝まつり2021」で上映されることが決定したのだ。

 本作は、「新耳Gメン」と呼ばれる男たちが、さまざまな心霊スポットへと足を運びカメラを回して心霊映像の撮影を目指すドキュメンタリー。今回彼らが訪れるのは、“100%出る”と噂される、廃墟ビル、廃キャンプ場、レッスンスタジオ、動物公園。そしてなんと、シリーズを通して厳守されていた女人禁制の掟がついに破られ、我らがTOCANAの編集長・角由紀子が満を持して参戦! この夏の上映回数はわずか4回と、超絶プレミアムな上映となるが、公式サイトでスケジュールを確認してぜひキネカ大森(東京品川区)まで足を運んでほしい。8月21日(土)、28日(土)には舞台挨拶も予定されている。

「夏のホラー秘宝まつり2021」
公式サイト http://horror-hiho.com/

 さて、そんな「怪談新耳袋Gメン」は、実は数々の有名ホラー監督を輩出した名物シリーズとしても知られている。昨年、映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』で大ヒットを飛ばした豊島圭介監督もその一人だ。そして豊島監督は、昨年トカナが製作したネット配信番組『封印された日本 猟奇事件暴露ファイル』でもその手腕を発揮してくれた。今回は2020年6月に配信したインタビューを再掲する。ホラー映画撮影中に起きたという怪奇現象、カメラに映り込んだ謎の頭……。名作の数々の裏側にあった“本当に怖い話”を見逃すな!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 豊島圭介氏は、今から20年近く前、『怪談新耳袋』シリーズで監督デビューし、ホラー監督として名を馳せたのち、青春ものからアイドルものまで、さまざまなジャンルの映画やドラマなどを監督。新作映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』はドキュメンタリーとしては異例の大ヒットとなった。

 多様なジャンルで次々と名作を生み続ける豊島監督のバイタリティーの右に出る者はいないであろう。TOCANAが製作するネット配信番組『猟奇事件暴露ファイル』の第1・2回を担当してくれたのも豊島監督だ。

公式サイト https://bakuro-nippon.jp/

八甲田山の「涙が出てくるほど怖かった」心霊体験とは!? 謎の光、比率のおかしい人間が… 映画監督・豊島圭介が暴露!の画像2

amazonプライムビデオGooglePlayRakutenTVビデオマーケットVIDEXにて
大好評配信中!

 そんな豊島監督インタビューを全2回にわたってお届け、今回は 豊島監督の原点である『新耳袋』の思い出や、自身の不思議体験などを語ってもらった。<第1回はコチラ>

◼留学してハリウッド映画を勉強

八甲田山の「涙が出てくるほど怖かった」心霊体験とは!? 謎の光、比率のおかしい人間が… 映画監督・豊島圭介が暴露!の画像3

――豊島監督は東京大学を卒業された後、映画の勉強でアメリカ留学されたんですね。

豊島 はい、そこは大学院に当たるのですが、ハリウッドの戦力を育てるというようなエンターテインメント寄りの学校でした。ちょうどそのころ、大学在学中に製作した自主映画が『ぴあフィルムフェスティバル’94』に入選して、映画への意欲が高まり、留学しましたね。だけど、実はあまり当時のハリウッド映画を見てなくて(笑)。

――商業映画よりもアート作品寄りの映画が好きだったのですか?

豊島 当時はそうですね。ニューヨーク・インディーズ、特にジム・ジャームッシュに入れあげていましたし、ヨーロッパ映画も好きで。しかし、留学したのはハリウッドのある西海岸だったので、すごいギャップを感じました(笑)。留学を期に、これまで見てこなかったいろいろなジャンルの映画を見るようになりましたしね。

■ホラー映画監督誕生秘話

八甲田山の「涙が出てくるほど怖かった」心霊体験とは!? 謎の光、比率のおかしい人間が… 映画監督・豊島圭介が暴露!の画像4
怪談新耳袋殴り込み!<西日本編>

――帰国して最初の監督作品が『新耳袋』でホラー映画だったんですね。

豊島 実は、子供の頃から怖いのが全然ダメで(笑)。でも、清水崇に出会ってからホラー作品のことをいろいろ教えてもらいましたね。

――清水監督とはどちらで出会ったのですか?

豊島 あれは、清水はビデオ版『呪怨』で一世を風靡しかけていた頃ですね。僕が初めて脚本を書いたVシネの制作会社で、清水が『芸能界であった本当に怖い話』というオリジナルビデオを制作することになったんです。その時、僕はデジタル編集ができたので、編集として製作に携わることになりまして。清水とは年も近かったし毎晩一緒にいて、仲が良かったですね。そのうち清水から『新耳袋』を読めと勧められたんです。それまで読んだことはありませんでしたが、すっかりハマりましたよね。

――実話怪談で、しかも一話が短くて、あの当時は斬新でしたよね。

豊島 「ここに幽霊が出ました。けれど、その理由はわかりません」という話が多くて。普通は何か因縁づけるじゃないですか。でも、だからこそ、それを映像化した時、ズバッと終わる切れ味のよいドラマができる。それがホラー短編のスタイルにもなりましたよね。

 怪談の良し悪しって、怖いか怖くないかハッキリしてるじゃないですか。そのハッキリした面を描くのに、アメリカで習った映画の作り方がものすごく役に立ちましたね。

 編集作業って「情報をどういう順番で見せるか」という数学的なものだったりするのですが、アメリカに留学していた時は、「なんだこの商業的な編集作業の授業は?」と不満に思っていた。でも、それが役に立ったわけです。商業的な映画スタイルの良さにも気づけたという意味でも、清水との出会いは大きかった。

◼『怪談新耳袋 殴り込み!』の恐怖体験

――その後、『怪談新耳袋 殴り込み!』に繋がっていくわけですね。

豊島 この作品は面白いですよね。実際に新耳袋に載っていた怪談の現場行く心霊ドキュメンタリーシリーズですが、とてもお世話になりました。

――豊島さんも実際、心霊スポットに突撃していましたね。

豊島 今はもう怖くて行けないですよ。怖いのがダメで、肝試しもしたことがなかったくらいなので…(笑)。まるで大人になってから青春やりなおしみたいな感じでした。

――私は以前、『怪談新耳袋 殴り込み!』の続編にあたる『怪談新耳袋Gメン』の田野辺尚人さんと山口幸彦にインタビューしたことがあったのです。その時、お二人ともこれまで一番怖かったのが豊島監督の「八甲田山」だったとおっしゃいましたね。

※ 詳しくはこちら → 心霊調査のプロ・新耳袋Gメンが暴露した「気が狂うほど恐ろしい心霊スポット2つ」! 怪奇現象が多発か!?

八甲田山の「涙が出てくるほど怖かった」心霊体験とは!? 謎の光、比率のおかしい人間が… 映画監督・豊島圭介が暴露!の画像5
遭難し、直立したまま仮死状態で発見された後藤房之助伍長の像。画像は「Wikipedia」より引用

豊島 僕は、軍服を着て猛吹雪の中、後藤伍長の銅像まで1人で日本人形を届けに行ったんですけれど。あまりにも無礼な企画ですし、やってはいけないことを実行しているという恐怖もあって、涙が出てくるほど怖かったですね。

――あの軍服は誰が用意して行ったんですか?

豊島 田野辺さんが用意してくれたんです。田野辺さんはナチスの鉤十字の入った軍服を着ていましたからね。不敬極まりないですね(笑)。

――実際に怪奇現象は起こったのでしょうか?

豊島 英霊の墓の前で『新耳袋』の八甲田山の話を朗読するというミッションをやっていた時、ありえない光が祠の前を通ったりしたことはありましたね。

人気連載
【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

八甲田山の「涙が出てくるほど怖かった」心霊体験とは!? 謎の光、“比率のおかしい”人間が… 映画監督・豊島圭介が暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル