【閲覧注意】空中大車輪が失敗する決定的瞬間が怖すぎる! 世界的パフォーマーがまさかの落下、地獄の光景に観客絶叫!=米

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】空中大車輪が失敗する決定的瞬間が怖すぎる! 世界的パフォーマーがまさかの落下、地獄の光景に観客絶叫!=米の画像1画像は、「theYNC.com」より

 米フロリダ州サラソータに住むサイラス・ノックさん(19)は、世界有数のスタントマンであり、オートバイを使って危険な離れ業を披露する「命知らず」として知られている。

 サイラスさんは4歳のとき、ウィスコンシン州ウィスコンシン・デルズで開催された、スタントマンが命懸けのバイクパフォーマンスを披露する伝説的なイベント「グローブ・オブ・デス」に、家族とともに「ネバ―レス・ノックス」として出演。これ以来、サイラスさんはあらゆる有名イベントや遊園地、市の祭りでショーを披露してきた。 オマーンのスルタンからも4回招待され、同国の首都マスカットにてスタントショーを披露した実績もある。現在は、世界中にいる何百万人もの熱狂的なファンに向けて、家族向けエンターテインメントを企画して運営している。

 サイラスさんの父親であるミケランジェロ・ノックさんは「私たちは多くの人々を代表しています。私たちに先立って活動してきた家族のメンバーがいます。それを受け継いできました」と話す。ネバ―レス・ノックスの歴史は1840年のスイスにまでさかのぼる。ミケランジェロさんは「家族の伝統であり、サイラスは私たちの足跡をたどっています」と付け加えた。

 ネバ―レス・ノックスは最近、マサチューセッツ州の遊園地「ケープコッドフェア」に出演するために遠征していた。サイラスさんは先月21日、ミケランジェロさんとともに「運命の輪」と呼ばれるパフォーマンスを披露したとき、悲劇に見舞われた。

 この日、サイラスさんは空中大車輪に乗っていた。音楽に合わせて大車輪が回転し、観客からの拍手喝采が沸き起こった。回転がどんどん速くなっていき、サイラスさんはさらに高度なパフォーマンスを披露する。しかし、何回転かした後、サイラスさんは大車輪から落下してしまった。あっという間の出来事だった。地面に倒れてぐったりしているサイラスさんのもとにミケランジェロさんが駆け寄るのだった。

 ミケランジェロさんによると、サイラスさんは「運命の輪」を「世界中で何百回も演じてきた」という。ミケランジェロさんは、サイラスさんの異変に気付いたものの、「体重が220ポンド(約100キロ)の人が50フィート(約15メートル)の高さから落下してくるのをキャッチするのは無理でした」と語った。

 サイラスさんは肘を脱臼し、椎骨と3つの肋骨を骨折し、肺が虚脱した。現在は治療のために入院中だが、退院後は家族とともに再びパフォーマンスを披露する意志を示している。

 今回のような事故はあらゆるパフォーマーに起こり得る。サイラスさんはこのことを誰よりも理解している。それでも彼は、これからも命懸けのパフォーマンスを披露し、人々を魅了していくことだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】空中大車輪が失敗する決定的瞬間が怖すぎる! 世界的パフォーマーがまさかの落下、地獄の光景に観客絶叫!=米のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル