「コロナワクチン接種者は、未接種より感染リスク高い」mRNAワクチンの開発者が暴露 → 全SNSがBAN! 飲むべき薬も紹介し…

 1980年代、米カリフォルニア州サンディエゴにあるソーク研究所の研究者であったロバート・マローン博士は、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)技術の研究を行い、mRNAワクチンを発明した。

 そのマローン博士が、「ワクチン接種を受けた人は、受けていない人よりもコロナに罹るリスクが大きい」と、なんともショッキングな発表をした――

■「ワクチン接種を受けた人は、受けていない人よりもコロナに罹るリスクが高い」

 2021年6月、マローン博士は生物学者ブレット・ワインスタイン博士とのインタビューをポッドキャストで配信した。マローン博士はmRNAテクノロジーを使用するファイザーとモデルナのワクチンに関し、多くの安全上の懸念を提起した。

 マローン博士は「抗体依存性増強(ADE)」という現象によって、ウイルスが最適以下の抗体に結合すると、宿主細胞への侵入が増強され、続いて複製が増強されると述べている。博士の示す新しいデータでは、完全にワクチン接種された個人がコロナに再感染し、以前考えられていたよりも高いレベルのウイルスを運んでいる可能性があるという。またそれは、ワクチンを接種した人がさらなる拡散を促進していることを意味している。

「コロナワクチン接種者は、未接種より感染リスク高い」mRNAワクチンの開発者が暴露 → 全SNSがBAN! 飲むべき薬も紹介し…の画像1
アメリカのウイルス学者および免疫学者ロバート・マローン博士 「Gateway Pundit」の記事より

 博士はまた、mRNAのスパイクタンパク質によって引き起こされる将来の自己免疫の問題についても警告した。「スパイクタンパク質が、注射部位から移動して有害事象を引き起こす可能性があり、生物学的に活性である場合、スパイクタンパク質は非常に危険であることを米食品医薬品局(FDA)は認識している」と述べている。

 このショッキングな、しかし真摯なインタビュー後、驚くべき事態が起きた。

 このインタビューがリリースされてからわずか数日後、「mRNAワクチン」のウィキペディアのエントリが変更され、記事からマローン博士と彼の役割が削除されてしまった(2021年6月14日付サイトのアーカイブ版には、マローン博士は、コロナワクチンに使われているテクノロジーの作成者および初期研究者として明確に記載されていた)。

 LinkedInもマローン博士がコロナワクチンの有効性について質問した投稿を理由に、博士のアカウントを停止した。そしてYouTubeも、3時間におよんだマローン博士のインタビューのクリップを検閲する動きを見せた。

 別のインタビューで博士は「私を『反ワクチン派』に仕立てたい人々がいるようだが、私は全く反対の立場だ。私は自分の生涯をワクチン研究にささげてきた人間だ」と述べている。ただし現時点で、mRNAワクチン接種について「十分な情報を持っている人はいない」と警告する。そして博士が持つデータが間違っていなければ「ワクチン接種を受けた人は、受けていない人よりもコロナに罹るリスクが大きい」ことを示しており、それはワクチン研究者ならよく知るパラドックスであり「悪夢」だと述べた。

人気連載
【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「コロナワクチン接種者は、未接種より感染リスク高い」mRNAワクチンの開発者が暴露 → 全SNSがBAN! 飲むべき薬も紹介し…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル