【重要】メキシコが「子供のコロナワクチン接種」を拒否!! 大統領が製薬利権を痛烈非難「彼らの好きにはさせぬ」欧米メディアは無視!

 メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領は7月末の演説で、子供向けのコロナワクチンの購入を拒否した。大統領はメキシコは巨大製薬企業の言いなりにならず、彼らからの圧力に屈しないと述べた。

■メキシコ大統領、子供用ワクチンの購入を拒否

【重要】メキシコが「子供のコロナワクチン接種」を拒否!! 大統領が製薬利権を痛烈非難「彼らの好きにはさせぬ」欧米メディアは無視!の画像1
メキシコ大統領アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール 「Gateway Pundit」の記事より

 オブラドール大統領はその演説の中で、メキシコは子供用のワクチン購入を拒否すると発表した。そしてメキシコ政府は未成年者への予防接種の利点を、科学界が実証するのを待つと述べた。

 また大統領は子供へのワクチン接種同様、成人へのワクチンの3回目または4回目のブースターショットを導入しようと推奨する製薬会社の計画にも賛同しないと言明した。

 と言ってもオブラドール大統領は「反ワクチン派」ではない。大統領は「ワクチン接種の利点はリスクを上回る」との立場で、現在までメキシコ政府はワクチン戦略を進めてきた。1回接種率も39%(日本は46%)で、成人へのワクチン接種は着々と進んでいる。

 しかし今回、大統領は「巨大製薬会社は、コロナワクチンの記録的な売り上げを記録しており、医療上の必要性よりも利益に重点を置いているようだ」と、はっきりと非難した。

 国際的メディアは当初、オブラドール大統領の挑発的な発言を無視していたが、英語字幕付きのビデオがソーシャルメディア全体で共有された後、この発言は大変な注目を浴びている。

 一部の人々は巨大製薬会社の貪欲さを口にしたメキシコ大統領を称賛している。例えば、ファイザーは記録的な利益を誇り、ワクチンの年間売上予想を5兆円に引き上げるという。

 現在、世界各国でコロナワクチンの接種は12歳以上に限られている。しかし米国ではすでに子供を対象としたコロナワクチンが研究されている。たとえばファイザーは、生後6カ月から2歳未満、2歳から5歳未満、5歳から11歳の子供を対象にコロナワクチンの試験を実施している。

 ファイザー社は子供へのワクチン接種を強く推奨しており、早ければ今秋に5歳から11歳までのワクチンの認可が下りることを期待している。

 子供を対象とするワクチンはモデルナも研究しており、今年3月、生後6カ月の子供を対象としたコロナワクチン試験を開始し、9月には結果を共有する予定だといわれる。

【重要】メキシコが「子供のコロナワクチン接種」を拒否!! 大統領が製薬利権を痛烈非難「彼らの好きにはさせぬ」欧米メディアは無視!の画像2
「Gateway Pundit」の記事より

■マカリ博士「コロナで死亡した子供はいない」

 米疾病管理予防センターと巨大製薬会社がより幼い子供へのワクチン接種を急がせる一方、米ジョンズ・ホプキンス大学のマーティ・マカリ博士は数千人の子供に関する包括的なデータを調査後、「白血病などの既存の病気のない子供たちのコロナによる死亡率はゼロであることを発見した」と発表した。

 同大学ブルームバーグ公衆衛生スクールおよびキャリー・ビジネス・スクールの教授であり医療ニュースの「MEDPAGETODAY」編集長でもあるマーティ・マカリ博士は、ウォールストリート・ジャーナルに次のようなコラムを書いた。

「米疾病管理予防センター(以下CDC)によって発表されておらず、メディアが取り上げなかった事実は、私の研究全体でコロナで死亡した子供はいないということでした」。そして、CDCが「希薄な証拠」を使用し、コロナワクチンを子供に押し付けていると批判した。またバイデン大統領下のCDCを「歴史上最も政治的」と呼んでいる。

人気連載
【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【重要】メキシコが「子供のコロナワクチン接種」を拒否!! 大統領が製薬利権を痛烈非難「彼らの好きにはさせぬ」欧米メディアは無視!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル