「若い女性はコロナワクチン絶対やめろ」元ファイザー副社長が“3つの理由”を説明! サリドマイド事件再び…ワクチンは卵巣に滞留!?

 8月4日に行われたコロナに関するグローバル・オンライン会議、「Stop the Shot(ストップ・ザ・ショット)」で、コロナワクチンは女性の卵巣に滞留し、胎盤に「自己免疫攻撃」を誘発する恐れがあることが報告された――。

■イェードン博士「ワクチンは卵巣に滞留して濃度が高まる」

 このショッキングな情報をもたらしたのは、元ファイザー副社長マイケル・イェードン博士で、博士は出産可能年齢の女性が、実験的な遺伝子治療ワクチンを完全に拒否すべき3つの理由を論じた。

 博士はこの会議の中で「人々は嘘をつかれている」と述べ、「当局はこれらの製品のリスクに関する完全な情報を私たちに提供していない」と断言した。

元ファイザー副社長マイケル・イェ-ドン博士 「LifeSite」の記事より

 この言葉は、「非科学的な反ワクチン派」から出たものではない。ファイザー元副社長であり、アレルギーと呼吸器の研究者として16年のキャリアを持つイェードン博士の発言であることが、この主張に大いなる信憑性を与えた。

 生化学と毒物学の学位と呼吸薬理学の博士号を持つイェードン博士は、1995年にファイザーに入社し、副社長兼チーフ・サイエンティストを2011年に引退した。その後、博士はバイオテクノロジー企業「Ziarco」を設立、2017年に「Ziarco」を世界最大の製薬会社ノバルティスに約360億円で売却した。

 ビデオ会議中、博士は「妊娠中の女性に決して実験的な新薬を与えるべきではない」と強く訴えた。博士はその理由を、60年前に日本で起きた「サリドマイド事件」に例を取って説明している。サリドマイド事件では、妊婦に与えられたつわりの新薬が、少なくとも1万人以上の出生奇形を引き起こしている。

 博士は当時、市場に出る前の研究ではサリドマイドが子宮内で毒素になり得ることを特定できなかった点を指摘し、この悲劇によって科学者たちは多くを学んだという。

「赤ちゃんは安全に子宮内で保護されていると私たちは以前考えていました。しかし実際、胎児の成長は微細な成育による奇跡です。胎児の重要な生育段階に生化学物質などに干渉された場合、その子供の発達過程を取り返しのつかないほど変化させる可能性があります」と博士は説明する。

 それゆえに、妊娠中の女性にテストが不十分な医薬品や医療を与えることは決してできないことであると博士は強調した。

「しかし、それが今まさに起きていることで政府は妊娠中の女性と出産可能年齢の女性にワクチン接種を受けるように促しています」(イェードン博士)

 さらに「政府は安全だと言うが、生殖毒性学的な胎児への安全性はこれらの製品のいずれでも確かめられていません」と博士は断言した。

 ラットにおけるファイザーの研究では、ワクチン接種後、ワクチンは身体から洗い流されるわけではないことが分かっている。ワクチンは、筋肉のような他組織の濃度より、少なくとも20倍多くラットの卵巣に集中したと博士は報告した。

 そして博士はこうも言う。

「ワクチンは卵巣に集中し、時間とともにより高い濃度になります。どれほどの濃度になるのか、またそれがいつ起こるかさえ定義出来ていません」(イェードン博士)

「若い女性はコロナワクチン絶対やめろ」元ファイザー副社長が“3つの理由”を説明! サリドマイド事件再び…ワクチンは卵巣に滞留!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル