【閲覧注意】崖で踊っていた司祭がヤバすぎる死を遂げる! 自らの命を神に捧げてしまう恐怖の瞬間=印

関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】崖で踊っていた司祭がヤバすぎる死を遂げる! 自らの命を神に捧げてしまう恐怖の瞬間=印の画像1画像は、「Kaotic.com」より

 印アーンドラ・プラデーシュ州アナンタプラム県アナンドラオペ村で今月21日、寺院の儀式を行なっていた司祭が崖から滑り落ちて死亡する事故が起きた。アパ・パパイヤ師(49)は油を撒いて滑りやすくなった崖の斜面を踊りながら上り下りしていたところ転落死した。集まった観客が携帯電話で事故の決定的瞬間を動画撮影しており、この動画がネット上で拡散されて話題となっている。

 人々が見守る中、左手にハンドベル、右手に香の入った器を持ったアパ・パパイヤ師が崖の端に立った。足元は油でテカテカ光っている。崖を下りようとしたアパ・パパイヤ師はそのまま滑り落ちていった。アパ・パパイヤ師の体は岩に何度も激突しながら崖下へと消えてしまった。

 アパ・パパイヤ師は毎年4回、「スラバナ」の時期に、崖を上り下りしながら踊ることで神に祈りを捧げていた。スラバナはヒンドゥー歴の5カ月目で、インド国定暦では7月下旬に始まって8月の第3週に終わる期間である。スラバナの時期は、多くのヒンドゥー教徒が毎週月曜日にシヴァのために、毎週火曜日にはパールヴァティーのために断食する。

 アパ・パパイヤ師の踊りは「プージャ」だった。プージャは、神に花や水、食べ物などを捧げて祈り、敬意を示すことで迎える礼拝の儀式である。ヒンドゥー教ではプージャは必須の儀式ではない。しかし、寺院の儀式や毎年恒例の祭り、赤ん坊の誕生や結婚式などの生涯イベントなどで行われることが多い。ヒンドゥー教徒の中にも、プージャを日常的に行う者もいれば、定期的な儀式として行う者もいる一方で、めったに行わない者もいる。寺院でも同様に、プージャを毎日行うところもあれば、時々しか行わないところもある。

 プージャの最中に亡くなったアパ・パパイヤ師だが、地元の人々によると、彼の祖父も以前、同じようにプージャの最中に亡くなったという。アパ・パパイヤ師の家系は代々、供物や祈りだけでなく、自らの命も神に捧げてきたのかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】崖で踊っていた司祭がヤバすぎる死を遂げる! 自らの命を神に捧げてしまう恐怖の瞬間=印のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル