9月25日は『西部戦線異状なし』原作者レマルクと映画監督マイルストンが死亡した日!

9月25日は『西部戦線異状なし』原作者レマルクと映画監督マイルストンが死亡した日!の画像1
(画像はWikipedia Erich Paul Remark, All Quiet on the Western Front, Lewis Milestoneより使用。Public Domain)

『1929年のエーリヒ・マリア・レマルク(写真左)と映画『西部戦線異状なし』公開時のポスター、ルイス・マイルストンの宣材写真』

 9月25日はドイツが生んだ世界的作家、エーリヒ・マリア・レマルクとアメリカを代表する映画監督、ルイス・マイルストンが死亡した日である。

 そして、そのふたりは1930年に公開され全世界的なヒットを記録した映画『西部戦線異状なし』の原作者とその監督として成功を収めた人物である。

 レマルクは、ドイツ軍兵士として第一次大戦への参戦を経て31歳で発表した『All Quiet on the Western Front(西部戦線異状なし)』が世界的な大ヒットを記録。その翌年にはハリウッドで映画化されるなど、瞬く間にドイツを象徴する作家に登り詰めたが、その後のヒトラー政権で弾圧を受け、アメリカに亡命。渡米以降も『凱旋門』等のヒット作を発表し続け、不動の名声を獲得することになる。

 一方、マイルストンはコメディ映画専門と見なされてきた監督であったが、1930年の『西部戦線異状なし』で同年のアカデミー賞作品賞と監督賞を同時受賞。アメリカ側からドイツ軍の惨状を描いた社会的な作品で、映画監督としての新たな能力を世界に顕示し、その後も『オーシャンと十一人の仲間』を手がけるなど、アメリカを代表する幅広い作風を持った映画監督として、長らく活躍した。 そんな20世紀のエンターテインメント界を牽引した日独二人の大作家が同じ日付に亡くなったのは奇妙な一致である。

 まず1970年の9月25日にスイス滞在中にレマルクが大動脈瘤で死去。

 そのちょうど10年後の9月25日にマイルストンが老衰で死亡している。

 彼らの功績を記憶するためにも、9月25日は映画『西部戦線異常なし』について思いを馳せる日としてもよいだろう。

<9月25日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

9月25日は『西部戦線異状なし』原作者レマルクと映画監督マイルストンが死亡した日!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル