【閲覧注意】コロナ自宅療養中に死んだ27歳女性の部屋が地獄! ゴミが散乱、起き上がれず…=カンボジア

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】コロナ自宅療養中に死んだ27歳女性の部屋が地獄! ゴミが散乱、起き上がれず…=カンボジアの画像1画像は、「Documenting Reality」より

 埼玉県さいたま市で先月27日、新型コロナウイルスに感染して自宅療養中だった60代男性が死亡しているのを別居中の娘が発見した。男性の妻も重症化し、男性の異変に気付かなかったとみられている。市は31日、男性が健康観察の電話に応答しないにもかかわらず、「県宿泊・自宅療養者支援センター」が2週間にわたって安否確認をしていなかったと明らかにした。

 市保健所によると、男性は先月11日に陽性と判明し、保健所職員が12日午後と13日午前に電話をして聞き取りを行い、軽症と判断して13日午後に同センターへ引き継いだという。男性には糖尿病の基礎疾患があった。通常であれば電話に出なければ訪問して安否確認するが、先月中旬以降、保健所もセンターも業務が逼迫しており十分な対応ができていなかった。

 医療機関も保健所も逼迫している現在、新型コロナウイルスに感染すると、サポートが不十分な自宅療養を余儀なくされる。そして、治療を受けられないまま死亡することも十分にあり得る。そんな現状を考える上で参考となる事件を海外の過激画像共有サイト「Documenting Reality」から紹介しよう。

 カンボジア・ポイペト市で先月4日、27歳のタイ人女性がレンタルルームのベッドで死亡しているのが発見された。記事によると、女性の死因は新型コロナウイルスに感染したことだという。画像を見る限り、ごみが散乱し、ベッドに横たわったままの姿勢で死亡したことがわかる。起き上がって助けを求めることすらできなかったのかもしれない。

 カンボジアでは現在、デルタ株の感染が急拡大している。保健省によると、先月29日に218人の感染を確認し、累計で1,752人に達したという。218人のうち82人は首都プノンペンで感染が確認されたが、南部ケップ州と東部クラチエ州以外の全ての州でも感染が確認された。一方、29日の時点で1,600万人の人口の65パーセントがワクチン接種を受けたとの発表があり、ワクチン接種率は近隣諸国よりも高い。

 デルタ株は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が少なかった東南アジア諸国でも猛威を振るっている。ワクチン接種を推進するカンボジアも例外ではなく、ポイペト市で死亡した女性のように、入院できずに命を落とす若者も増えていくだろう。そして、このことは日本にとっても決して他人事ではない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年9月20日~26日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
あなたの「変態レベル」が本気で当たる4択占い!! 周囲からの評価もガチ判明、Love Me Doは全部お見通し!

あなたの「変態レベル」が本気で当たる4択占い!! 周囲からの評価もガチ判明、Love Me Doは全部お見通し!

■あなたの“アブノーマル度” 「ある古代遺跡で、謎のメッ...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】コロナ自宅療養中に死んだ27歳女性の部屋が地獄! ゴミが散乱、起き上がれず…=カンボジアのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル