9月6日はギネス認定最多得点サッカー選手フリーデンライヒが死亡した日

9月6日はギネス認定最多得点サッカー選手フリーデンライヒが死亡した日の画像1
(画像はArthur Friedenreich より使用。Public Domain)

『ブラジル代表のユニフォームを着たフリーデンライヒ』

 1969年9月6日は、世界最多得点数保持者としてギネスブックに認定されたブラジル代表の伝説的な点取り屋、アルツール・フリーデンライヒが死亡した日である。

 まだブラジルのフットボールがアマチュアだった時代に活躍し、“サッカーの王様”ペレよりも早く1,000得点を記録した人物として知られるフリーデンライヒであるが、当時のフットボール選手が移民の白人富裕層ばかりであったために、ドイツ人とのハーフとはいえ、黒人のルックスをたたえたフリーデンライヒは多くの人種差別的障害と闘わざるをえなかった。

 そのひとつの戦いが、黒人らしからぬ整髪料で撫でつけた横分けのヘアスタイルであったと言われており、後に活躍するペレが黒人らしい自然なスタイルであったこととは好対照である。

 また、歴代最多と認定されているフリーデンライヒの1,329得点は、その後の調査によりなんの根拠もなかったことが判明しており、その発端となった記録も1,239得点、1,329試合出場をひっくり返してギネス申請してしまったというずさんな手続きの元に生まれた大記録であった。

 その後の研究家たちにより、フリーデンライヒの記録は554ゴールとも558ゴールとも言われており、いまだ真相は定かではない。

 以上のような得点記録の錯綜のせいで、その伝説は眉唾なイメージがついて回っているのだが、“チグリ(ポルトガル語で虎の意)”と呼ばれたフリーデンライヒは、まだ強豪国とはほど遠かったブラジル代表チームが1919年のコパ・アメリカ決勝で当時最強といわれたウルグアイ代表を降した試合の

 決勝ゴールを挙げ、母国を大会初優勝に導いた中心的選手である。

 また、その活躍が後の黒人や混血人種のフットボール参入の扉を開け放ったことは間違いない。
フリーデンライヒがフットボールとブラジルに残したその伝説的な功績は、幾千のゴール数よりも重いものといえるだろう。

<9月6日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

9月6日はギネス認定最多得点サッカー選手フリーデンライヒが死亡した日のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル