日本人の遺伝子に“謎の変化”が起きている!? ファクターX、天皇家のY染色体、日ユ同祖論まで遺伝学の重鎮に直撃質問!

日本人の遺伝子に謎の変化が起きている!? ファクターX、天皇家のY染色体、日ユ同祖論まで遺伝学の重鎮に直撃質問!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 昨今、日本人の遺伝子についてさまざまな都市伝説が流布している。新型コロナが重傷化しにくい「ファクターX」は世界中で不思議がられているし、他にも「日ユ同祖論」や、天皇家が受け継ぐとされる「万世一系のY染色体」などが代表的なものだ。今回、筆者は日本人の遺伝子にまつわる都市伝説の真偽を確かめるため、日本を代表する遺伝学者で国立遺伝学研究所教授を務める斎藤成也氏にインタビューを行った。


■“日本人の遺伝子”についてズバリ質問!

日本人の遺伝子に謎の変化が起きている!? ファクターX、天皇家のY染色体、日ユ同祖論まで遺伝学の重鎮に直撃質問!の画像2
左:深月ユリア(筆者)、右:斎藤成也教授

――よろしくお願いいたします。新型コロナに感染しても外国人と比べて重症化しにくい要因として囁かれる「ファクターX」は、日本人の遺伝子と関係がありますか?

斎藤成也教授(以下、斎藤)  約2万5千~2万年前にSARSが東アジアで流行し、日本にも伝来しました。その時に我々の祖先の多くが感染し、集団免疫ができたと考えられています。コロナウイルスはSARSの一種ですから、多くの日本人が旧コロナウィルスに対する集団免疫を持っているということが「ファクターX」の正体である可能性が高いように思います。

――ということは、新型コロナワクチンは打たなくても大丈夫でしょうか?

斎藤  新型コロナワクチンは3回でも打つべきです。ただし、毎年ではなくても良いように思います。また、イベルメクチンにも期待したいところですが、いずれは新型コロナの特効薬が開発され、そうなればインフルエンザと同等の扱いになるものと思います。

日本人の遺伝子に謎の変化が起きている!? ファクターX、天皇家のY染色体、日ユ同祖論まで遺伝学の重鎮に直撃質問!の画像3
イメージ画像:「Getty Images」

――国を奪われて世界各国にディアスポラ(移民・植民)したユダヤ民族「失われた十支族」の末裔こそ日本人がはないか、という「日ユ同祖論」があります。その根拠の一つとして日本語とヘブライ語に類似した単語がいくつもあると指摘されますが、いかがお考えですか?

斎藤  日本語とヘブライ語とで、たまたま類似した単語や文化はありますが、一般的な学説として証拠はありません。日本語と他言語との偶然の一致はヘブライ語以外にも見られます。

 しかし、一般的な学説として、日本語は文法や単語をはじめ曖昧な表現方法に至るまで、世界中のどこの国の言語と比べても特殊な言語です。

――これまで女系天皇が許されず男系を貫いてきた理由ですが、“特別な能力”を持つY染色体を存続させる意味合いがあったのではないかという話があるようです。いかがお考えでしょうか?

斎藤  現在の皇族に特別なY染色体が受け継がれているか、遺伝子検査でもしない限りは何とも言えませんね。そういった主張にあるほど特殊な遺伝子は受け継がれていないように思いますが。

――男尊女卑の考え方に基づくこじつけの可能性もあると?

斎藤  そうですね、いずれにしても遺伝子調査しないと仮説にしかならないので、後付の説ですよね。


■我々の遺伝子は謎の変化を遂げている!?

――戦後の日本人は、背も高くなり、目が大きく鼻も高くなり、顔立ちのハッキリした顔が増えたと言われることがあります。遺伝子的な変異はあるのでしょうか?

日本人の遺伝子に謎の変化が起きている!? ファクターX、天皇家のY染色体、日ユ同祖論まで遺伝学の重鎮に直撃質問!の画像4
講義する斎藤成也教授

斎藤  食生活や環境が関係している可能性はありますが、謎ですね。身長が高くなったのは明治以降に栄養状態が良くなったことが一因ですが、顔の変化など遺伝子のエピジェネティクス(※)は本当に謎ですね。

※ 親から受け継いだ塩基配列を維持しつつ、遺伝子発現を変化させるゲノムの調節機構のこと。

 また、日本人は弥生時代に大陸から渡来人がやってきて混血しましたが、今後も海外との混血によりさらに変化していく可能性はあるでしょうね。

――ありがとうございました。


 日本人の遺伝子にまつわる多くの都市伝説は、科学者にしてみれば根拠のない話ということになるようだ。しかし、日本人の遺伝子が変化していることについては、斎藤氏ですら答えられない一番の謎ということになりそうだ。激動の時代の中、我々の遺伝子は今後も変化を続けることだろう。日本人はどこに向かおうとしているのだろうか。

文・取材=深月ユリア

 

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表。最新刊『世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに』(明窓出版)大好評発売中!

深月ユリアの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

日本人の遺伝子に“謎の変化”が起きている!? ファクターX、天皇家のY染色体、日ユ同祖論まで遺伝学の重鎮に直撃質問!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル