【閲覧注意】「尿道オナニー」禁断の快感がもたらす代償 ペニスから引き抜かれた●●がヤバい!

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】「尿道オナニー」禁断の快感がもたらす代償 ペニスから引き抜かれた●●がヤバい! の画像1画像は、「LiveGore」より

 尿道内に本来は存在しない異物が入り込んだ状態を「尿道異物」という。尿道が炎症を起こしていると、痛みや違和感があったり、赤みや腫れが生じたりする。悪化すると、血尿が出たり、排尿ができなくなることもある。

 尿道異物は、手術の際に用いた尿道カテーテルの残骸や縫合糸などが尿道に残ってしまったために生じる場合もあるが、多くは自慰や性的虐待が原因である。男性が亀頭の先端にある尿道口から異物を挿入し、尿道を刺激することで性的快感を得る行為は「尿道オナニー」「尿道責め」などと呼ばれる。オナニー用のシリコン製尿道プラグだけでなく、綿棒や針、スプーンの柄、さらには生きたヒルまでも利用される。

 ずっと射精しているかのような快感を得られ、さらに前立腺も刺激できるといわれる尿道オナニーだが、異物が尿道から抜けなくなるリスクも高い。もし尿道異物になったらどうなるのかを理解できる動画を、海外の過激動画共有サイト「LiveGore」から紹介しよう。

 手術の様子を撮影した動画では、ペニスから突き出したものを医師が引っ張る。それは青い棒で、途中まで引き抜かれると節のようなものが見えた。さらに引っ張ると、なんと青い棒の正体が歯ブラシであることが判明した。ブラシ部分の方から尿道の奥深くに挿入されていたのだから驚きである。ブラシ部分が赤いのは血液が付着しているからだろう。患者は歯ブラシを使って前立腺の近くをゴシゴシ擦って、強い刺激を得ていたのかもしれない。

 かなり前から日本でも尿道異物の症例が報告されてきた。自慰目的の尿道異物は20代、中でも農村部居住者に多いと結論付ける「農村部青年、子女の自慰目的膀胱異物10例」も発表された。この論文で紹介される25歳男性患者は、農機具の一部らしいポリエチレン製部品を挿入していた。この部品は外径1センチ、長さ約35センチで、両端にピストル弾丸型の最大直径14ミリのキャップ状のものが付いている。これほど太くて長いものさえ挿入してしまうのである。

 尿道オナニーは個人の趣味嗜好であり、必ずしも否定されるべき行為ではない。しかし、もし実行するのなら、異物が抜けなくなるリスクも十分に理解しておかなければならない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】「尿道オナニー」禁断の快感がもたらす代償 ペニスから引き抜かれた●●がヤバい!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル