【閲覧注意】溺死者を蘇らせる「謎の儀式」が激撮される! 遺体を吊り下げて振り子に… 警官もドン引き=印

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】溺死者を蘇らせる「謎の儀式」が激撮される! 遺体を吊り下げて振り子に… 警官もドン引き=印の画像1画像は、「Kaotic.com」より

 水難事故のニュースが毎日のように報じられる。三重県桑名市星川の員弁川で今月20日夕、川遊びをしていた男子中学生(14)が行方不明となった。県警桑名署は翌日、男子中学生が遺体で見つかったことを発表。遺体は現場から約3.2キロ下流の岩場で発見され、死因は溺死だった。静岡県下田市の海岸でも19日、男子高校生(17)が行方不明となり、翌日に沖合で男子高校生とみられる遺体が発見された。都内に住む男子高校生は、家族4人で白浜中央海岸に遊びに来ていたという。

 愛する者の溺死は家族や友人に大きな悲しみを与える。たとえどんなことをしてでも復活させたいと願うのは自然な感情だろう。そんな人々の願いによって引き起こされた奇妙な事件を紹介しよう。

 インドのマディヤ・プラデーシュ州グナ地区ジョジプラ村で先月23日、川で溺死した37歳男性を蘇らせようとして、村人たちが遺体を木に吊るして儀式を行う様子が撮影された。このときの動画はSNSで拡散されて話題となった。

 海外の過激動画共有サイト「Kaotic.com」などで視聴できる動画には、木の周りに群がる村人たちの姿が映っている。彼らは木に遺体を上下逆さまの状態でぶら下げ、振り子のように動かしながら、宗教的な呪文を口々に唱える。一見すると一人の男性を寄ってたかってリンチしているようだが、そうではなく、村人たちは溺死者を復活させようと必死なのである。現場には警官たちも立っているが、村人たちの熱狂に気圧されたのか、ただ見守るばかりである。

 木に吊るされた男性が川で溺れ始めた時、村人たちは彼を救おうとしたが間に合わなかった。その後、村人たちは無念さのあまり男性の遺体を木にロープで吊り下げ、遺体から余分な水分を取り除いて蘇らせようとしたのだ。しばらくして、なんとか警官たちは男性が死亡したことを村人に納得させたという。遺体は木から降ろされ、死後解剖に送られた。

 溺死者が非科学的な方法で蘇ることは決してあり得ない。だからこそ、日頃から川や海で溺れないように細心の注意を払うことが何よりも大切である。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】溺死者を蘇らせる「謎の儀式」が激撮される! 遺体を吊り下げて振り子に… 警官もドン引き=印のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル