42%の人々が「もうすぐロボットとSEXする予定」と判明!! AIに関する最新意識調査9項目のヤバすぎる結果

 AI(人工知能)は今後社会をどう変えていくのか、実に興味深い調査結果が発表された。それによると、なんと人々の42%が「もうすぐロボットとセックスをすることになるだろう」と“心の準備”をしているというのだ。

■人々が抱くAIに関する9つの想定

 人々はAIについてどんな考えを持っているのか。会話型のチャットボット「Tidio Live Chat」を開発したTideo社が1200人を対象にして行ったAIに関する調査が話題だ。人々は案外、AIのことを意識しているのである。さらに、今後より一層社会に浸透してくるであろうAIについて抱いている想定が主に9つあるという。

42%の人々が「もうすぐロボットとSEXする予定」と判明!! AIに関する最新意識調査9項目のヤバすぎる結果の画像1
「Tidio」の記事より

1. これからキャリアを積む若者の懸念
 大卒者の69%近くが、今後数年以内にAIに今の仕事を奪われるか、仕事そのものが消滅すると考えている。この懸念は学歴が高くなるほど強くなっている。

2. 特にAIに仕事を奪われる3つの職業
 回答者によると、まず先に仕事を奪われるのはレジ係(63%)、ドライバー(51%)そして翻訳者(42%)であるという。顧客サービス担当者(接客)と倉庫作業員もそれぞれ25%と高い。

3. 経営をAIにまかせたい
 45%以上の人々が、AIが経済を支配することに前向きな姿勢を示している。AIが汚職を防ぎ、経済を改善できると主張する者いる。さらに回答者の約45%は人工知能が財政政策と自国の予算を調整することを望んでいる。しかし見解は極端に二極化しており、29%近くは「それはあり得ない」と考えている。

4. 自動運転のタクシーを利用する
 回答者の60%以上が将来、自動運転のAIタクシーを利用すると答えている。輸送とロジスティクスに関して人々はAIに大きな信頼を置いており、57%はAIに航空管制を任せてもいいと考えている。

42%の人々が「もうすぐロボットとSEXする予定」と判明!! AIに関する最新意識調査9項目のヤバすぎる結果の画像2
「ZDNet」の記事より

5. 雇用を奪われる恐怖
 ポリティカルコレクトネスの観点からは将来的には働くロボットにも“人権”を与えることが示唆されてくるのだが、人々はそれよりも7倍、労働市場で雇用を奪われることのほうを心配している。人々の32%はロボットに“人権”を与える必要はないと回答し、それは人工知能の開発に関連する最も重要でない問題の1つだと確信している。

6. フェイクニュースを広める
 AIが仕事を奪ったり(42%)、犯罪目的で使用されたりすることへの恐れ(51%)と共に、回答者の約78%はAIテクノロジーが誤った情報やフェイクニュースを広めるために悪用されることを懸念し、これがAIの主な脅威になると強く信じている。一方でAIが人類に復讐すると信じているのは、わずか3%に過ぎない。

7. 男性は女性の2倍AIを信頼している
 男性は女性よりもAIテクノロジーを非常に信頼しており、AIロボットに操作を任せたり、AIに子どもたちを教育させたりする可能性が約2倍高い。男性はまたテクノロジーによってもたらされる潜在的な脅威についてあまり心配していない。

8. 男性のほうが20%AIとの交流に乗り気
 ロボットやAIとの交流に男性は20%積極的である。さまざまな例を挙げてロボットと対話する意思があるかどうかを回答者に尋ねたところ、平均して男性の回答者の65%が「はい」と答えた一方、女性は45%に留まっている。

9. ロボットとのセックスは現実的
 ほぼ42%の人がロボットとセックスすることを見込んでいる。ロボットと恋愛関係になると考えているのは、それよりももう少し低く39%である。男女差もあり、男性の48%がロボットとのセックスを考え、43%が恋愛関係になり得ると回答している。

42%の人々が「もうすぐロボットとSEXする予定」と判明!! AIに関する最新意識調査9項目のヤバすぎる結果の画像3
「Tidio」の記事より

 これほどまでに多くの人々が今後ロボットとセックスをすることになると見込んでいるというのは驚きであるが、この話題を「ZDNet」の記事で取り上げたライターのクリス・マティスチック氏は、繁殖種としての人類の時代は終わりに近づいているのではないかと指摘している。生物としての人類の“ピーク”は過ぎたということになるのだろうか。

 そして将来有望な職業としてセックスロボットのメンテナンス技術者を目指すことを提案している。人間たちに快楽を与えるロボットは、きっと疲れ果てて自分自身を癒すことができないというブラックジョーク(!?)で結んでいる。

 すでにAI搭載のセックスドールは販売されているが、今後ますます普及しさらに高性能のセックスロボットが登場する日は近いのだろうか。近未来についての興味深い話題の1つである。

参考:「ZDNet」、「Tidio」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

42%の人々が「もうすぐロボットとSEXする予定」と判明!! AIに関する最新意識調査9項目のヤバすぎる結果のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル