「死んだはずの有名人が公の場に現れ、偽装死を謝罪する」タイムトラベラーが6カ月以内に起きる衝撃ニュースを予言!

 惜しまれてこの世を去った(とされる)有名セレブが、ひょっこり姿を現す日が近い? 今後6カ月以内に、故人であるはずのセレブが死を偽装していたことを謝罪するため公に姿を現すというのだ!

■死んだセレブが奇跡の復活?

 作家・太宰治の「桜桃忌」のように、毎年のように亡くなった日(忌日)に熱心なファンが集い、その死を悼む光景が随所で見られるが、もしもその死が偽装だったとしたら? そして、その事実を白状して公の場に姿を見せたとしたら世間を騒がす大ニュースになることは間違いないが、そんな前代未聞のことが起こり得るのか?

 しかし驚くなかれ、今後6カ月以内にそうした大ニュースが世の中に衝撃を与えると“予言”しているタイムトラベラーがいる。

 95万人のフォロワーを抱える自称タイムトラベラーのTikTokユーザー「@aesthetictimewarper」氏は、今後6カ月以内に死んだはずの有名人が自らの死を偽造していたことを白状するというショート動画を投稿して注目を集めている。

 投稿するやたちまち12万5000の「いいね」を獲得したこのショート動画は、当該の有名人が誰であるかについては言及しておらず、それが却ってフォロワーやユーザーたちの憶測に火を着けることになったようだ。

 ビデオクリップには次のように書かれている。

「注意! 6カ月も経たないうちに有名人が公の場に出てきて、自分の死を偽っていたと公言します」

「死んだはずの有名人が公の場に現れ、偽装死を謝罪する」タイムトラベラーが6カ月以内に起きる衝撃ニュースを予言!の画像1
「Daily Star」の記事より

「彼は、自分がどこにいたのか、そして死んだことになっていた数年間、どうやって隠れていたのかを説明するでしょう」

「死んだはずの有名人が公の場に現れ、偽装死を謝罪する」タイムトラベラーが6カ月以内に起きる衝撃ニュースを予言!の画像2
「Daily Star」の記事より

「彼が戻ってくるとすぐに、多くの国がインタビューを試みます。彼のブームが戻ってきます……」

「死んだはずの有名人が公の場に現れ、偽装死を謝罪する」タイムトラベラーが6カ月以内に起きる衝撃ニュースを予言!の画像3
「Daily Star」の記事より

 不在であったのが“過去数年間”と表現されていることから、死去から10年以上が経っているセレブではないことが示唆されてくるのだが、ユーザーたちの“希望的観測”はその範疇を易々と越えてしまっているようだ。人々は“復帰”してほしいセレブの名を次々に書き込んでいる。

「ムーンウォークのダンスでカムバックしてくるマイケル・ジャクソンのように聞こえます」
「2パックが実はまだ生きていることは知っていたよ」
「ダイアナ妃だといいのですけどねぇ」

 ほかにも伝説のロッカーであるエルビス・プレスリー、アカエイに胸を刺されて急逝した“クロコダイルハンター”こと環境活動家のスティーブ・アーウィン、Netflixの『タイガーキング』に登場するキャロル・バスキンの夫、ドン・ルイスなどの名前があがっているようだ。

「死んだはずの有名人が公の場に現れ、偽装死を謝罪する」タイムトラベラーが6カ月以内に起きる衝撃ニュースを予言!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル