プーチンが操る極秘美女スパイ「コルネット」とは!? アイスクリームの売り子に扮し… 誰も知らない正体と目的

 米国の政治学者カレン・ダウィシャ氏は「国の全資産35%をたった110人の個人がコントロールしているロシアは世界でも前例のない富の偏重が進んでいる」と指摘している。

 もはや新たなロシア皇帝ともいえるプーチン大統領であるが、その「新皇帝プーチン」の影の立役者は、若手民族派新興財閥「オリガルヒ」だと言われる。政権内保守派やロシア正教会の高位聖職者が関わる「オリガルヒ」は「神への回帰」「領土保持」「男女の結婚」「一つの国家」「戦勝」など強大なロシアを目指す理念を掲げている。

 しかしながら盛者必衰は歴史の定め、プーチン氏でさえ、否、プーチン氏だからこそ、あらゆる可能性を見極めて、自己の保身と権力保持には目を光らせている。今回は、そんなプーチン氏の警戒が見て取れる事例を報じた2019年8月の記事を再掲する。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プーチンが操る極秘美女スパイ「コルネット」とは!? アイスクリームの売り子に扮し… 誰も知らない正体と目的の画像1
画像は「The Sun」より引用

 何を食べても「ジューシー」としか言わない安倍首相。時には一般庶民のように売店でアイスクリームを購入したりもするが、ロシアではそうもいかないようだ。

 英紙「The Sun」(8月30日付)によると、プーチン大統領専門のアイスクリーム店員が存在することが明らかになったという。

 トルコのエルドアン大統領とともにロシアの航空ショー「MAKS」を視察に訪れたプーチン大統領。気前よくエルドアン大統領にアイスクリームをおごる姿が報道されたが、この光景に違和感を覚える人がいた。

 MAKSは隔年で開催される。前回開催された2017年にもプーチン大統領は視察に訪れ、同じくアイスクリームを購入したが、なんとその時の売り子が同一人物だというのだ。

プーチンが操る極秘美女スパイ「コルネット」とは!? アイスクリームの売り子に扮し… 誰も知らない正体と目的の画像2
2019年「MAKS」での写真。画像は「The Sun」より引用

 いや、まさか……きっとベテラン店員なんだろう。それにしても、プーチン大統領に2回もアイスを売ることができるなんてラッキーな人だな……。だがもちろん、そんなほのぼのした話で終わらないのがロシアの恐いところだ。

 他の店員は、プーチン大統領にアイスクリームを売った女性をこれまで見たことがなかったし、イベントがあった日以降も見ていないというのだ。つまり、彼女はプーチン大統領にアイスクリームを売るためだけにその場にいたのである。

 さらに、プーチン大統領とエルドアン大統領が購入したブランドのアイスクリームは一般客には販売していないものだったという。毒味が済んでいるアイスを仕込んでおいたのかもしれない。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

プーチンが操る極秘美女スパイ「コルネット」とは!? アイスクリームの売り子に扮し… 誰も知らない正体と目的のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル