「松田聖子の霊能力に命を救われた」41年前の恐怖と奇跡を現場カメラマンが初激白!

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIMONときはる」が今明かす真実!

「松田聖子の霊能力に命を救われた」41年前の恐怖と奇跡を現場カメラマンが初激白!の画像1
1980年7月の松田聖子(撮影=YAHIMON ときはる)

 1980年7月29日、午前8時。京急品川駅の駅長室に松田聖子を含む当時の若手トップ女性歌手5名が集合した。

 9時15分発の貸切電車で、ファンを引き連れて神奈川・三浦海岸へと向かい、特設ステージで生放送のラジオ番組に出演するという、夏恒例の豪華なイベントだった。筆者も仕事でカメラマンとして同行することになった。

■カメラのシャッターが下りない

 この日、所属事務所のクルマで品川駅にやって来た松田聖子は、女性マネージャーと連れ立って駅長室に現れた。筆者は、その私服姿(白いキャップとTシャツにデニムのオーバーオール)を撮影した。電車は定刻に出発し、あとは三浦海岸で番組出演中の聖子を撮影するだけだったが、不意に電車内の聖子も撮影しておこうと思い立ち、カメラバッグに手をかけた9時23分――。

 電車が、まるでスイッチバックのような異常な揺れとともに急停車した。筆者と対面する形で横座りシートに座っていた、左から河合奈保子、松田聖子、甲斐智枝美は、激しい揺れで軽く窓に頭をぶつけたものの無邪気に笑っていた。だがこの時、もともと霊感が強かった筆者は、一瞬ながら松田聖子の表情に陰りを感じて胸騒ぎがしたことをハッキリ覚えている。そして、筆者の不安は的中してしまう。

「松田聖子の霊能力に命を救われた」41年前の恐怖と奇跡を現場カメラマンが初激白!の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 程なくして電車は何事もなかったかのように再び動き始めたが、筆者が聖子を撮影するために取り出した一眼レフのシャッターが、下りない。何度試しても、一向に撮影ができなくなってしまったのだ。筆者の一眼レフの不調は何らかの“霊障”開始の合図であることが多いのだが、今思い起こせば、それが起きたのはこの日が初めてのことだった。

 とはいえ、この時点でまだ筆者はそれに気づいているはずもない。うかつにもスペアカメラを所持しておらず、不安に押し潰されそうになりながら、なんとか到着前に直ってほしいと祈るような気持ちだった。

 よく考えてみれば、さっき電車が急停車したのは大森海岸駅(東京都品川区)付近。すぐ近くの鈴ヶ森刑場跡は、知人の霊媒師から「冤罪で首を切られた霊が、危険極まりない。絶対に近寄ってはならぬ場所」と常々釘を刺されていた場所ではないか。

 さっき聖子から感じた陰り――まさか、彼女も恐怖を無意識に抱いていたのではないか!? そう思わざるを得なかった。

■「暑いですね…」声をかけられた瞬間

 電車は何事もなく終点の三浦海岸駅へと向かっていった。ファンたちはそこから特設ステージまで15分ほど歩くことになるが、女性歌手とマネージャーたちは手前の津久井浜駅で下車し、待機中のマイクロバスで会場入りすることになっていた。筆者も歌手たちと一緒に降車し、近くのバスへと歩いていたが、その時「暑いですね~」と松田聖子の方から筆者に声をかけてくれた。

 すると次の瞬間、筆者は驚きのあまり返事さえ忘れてしまった。というのも聖子に声をかけられた時、筆者が右肩にかけていたカメラバッグがなぜかズシリと重量を増したように感じられ、一眼レフを取り出して確認してみると、まるで何事もなかったかのようにシャッターが下りたのだ。

「松田聖子の霊能力に命を救われた」41年前の恐怖と奇跡を現場カメラマンが初激白!の画像3
イメージ画像:「Getty Images」

 その後、特設ステージでの生本番の撮影は無事に終了した。この時の出来事を解釈するならば、刑場の霊に近寄ってしまった筆者は霊障に見舞われたが、それを霊感の強い聖子に救われた、ということになるだろうか。

 この日、初めて松田聖子が秘めている強力な霊力に気づいた筆者。撮影終了後、ホッと一息つきながらステージに近い国道で待機していたマイクロバスに戻り、再び津久井浜駅から出演者やマネージャーたちと貸切電車に乗り込むと、ノンストップで品川駅への帰路についた。途中、大森海岸駅にさしかかる時には身構えたが、霊的な現象はもう起きなかった。あぁ、助かった――。

 しかし、安心するのは、まだ早かったのだ!

人気連載

「台湾有事の時、メインで戦うのは日本」アーミテージ発言で露見した米国の“本当の計画”をジェームズ斉藤が解説!

「台湾有事の時、メインで戦うのは日本」アーミテージ発言で露見した米国の“本当の計画”をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.07.05 17:30日本
米最高裁「中絶権利認めず」、メディアが報じない“本当の意味”とは? 容認派の闇と極左の陰謀をジェームズ斉藤が暴露

米最高裁「中絶権利認めず」、メディアが報じない“本当の意味”とは? 容認派の闇と極左の陰謀をジェームズ斉藤が暴露

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.07.04 18:00海外
日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.06.22 17:30日本
ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.31 17:30海外
チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.06.20 15:30異次元

「松田聖子の霊能力に命を救われた」41年前の恐怖と奇跡を現場カメラマンが初激白!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル