10月9日は革命家チェ・ゲバラが銃殺された日!

10月9日は革命家チェ・ゲバラが銃殺された日!の画像1
(写真はWikipedia Che Guevaraより使用)

『死の直前、ボリビアの田舎町でのチェ・ゲバラ』

 1967年10月9日は、アルゼンチンに生まれ「キューバ革命」を先導した革命家、チェ・ゲバラがボリビアの山中で捕らえられた後に射殺された日である。

 1959年にフィデル・カストロとともにキューバを社会主義化した「キューバ革命」に成功したゲバラ。

 その後に国立銀行総裁、国連での主席等の要職を任されたもののキューバを離れ、革命を起こすためにコンゴに渡るが失敗。

 その直後、新たなアメリカ大陸革命の拠点として選んだボリビアに渡り革命を目論むが、国内外からの支援も滞り孤独な戦いとなった。

 そして1967年10月8日にアンデス山脈チューロ渓谷で20人程度の小隊で移動中に、政府軍の大軍の襲撃により身柄を拘束された。

 身柄拘束後に近郊のイゲラ村の小学校に移送されたゲバラは、翌日大統領レネ・バリエントス・オルトゥーニョの命により射殺された。

 数発の弾丸を受けながらも絶命しないゲバラは狙撃者に向かい「撃て臆病者、おまえはただ一人の男を殺すだけだ」と叫び、9発もの弾丸を浴びて初めて絶命したという(ゲバラを処刑したマリオ・テランによるとゲバラは処刑直前に「落ち着け、そしてよく狙え、お前は一人の人間を殺すんだ」と言い残し、2発の銃弾を受けて絶命したという )。

 その死に方さえも革命家としてのイメージを損なうことのなかったゲバラは、死してなお世界中の反米主義者の間ではカリスマとして称えられ、現在は彼の命が消失したボリビアですら聖人のように崇められている。

 無論、革命の拠点となったキューバでは空前絶後の英雄であるが、死後、キューバ人写真家アルベルト・コルダにより制作されたゲバラの肖像『英雄的ゲリラ』はTシャツをはじめとして大量にコピーされた革命的アイコンとして世界中で今も増え続けている。

 そのあまりのカリスマ性をかき消すために、ボリビア政府軍は処刑後にゲバラの死体写真を公表せざるを得なかったが、現在から振り返ると、その効果はあまりにも薄かったといわざるを得ない。
死してなお人々の心に生き続けるチェの名は、もはや永遠に「革命家」の言葉と同義なのである。

<10月9日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

10月9日は革命家チェ・ゲバラが銃殺された日!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル