10月14日は戦後最初の日本共産党書記長、徳田球一が人知れず亡くなった日!

10月14日は戦後最初の日本共産党書記長、徳田球一が人知れず亡くなった日!の画像1
(画像はWikipedia 徳田球一より使用。Public Domain)

『1946年の復活メーデーで演説をする徳田球一(写真左)と徳田の遺骨とともに北京から戻った志賀義雄と徳田の妻たつ』

 1953年10月14日は、戦前戦後の共産党員であり、戦後最初の日本共産党書記長、徳田球一が亡命先の北京で密かに死んでいた日である。

 1928年3月15日に起きた大日本帝国政府による共産主義者弾圧「三・一五事件」の先がけ的に治安維持法違反で逮捕された徳田は、以来、18年もの間、投獄され続けることになる。

 終戦後の10月10日にフランス人ジャーナリストのロベール・ギランの協力で解放されると、日本共産党を再建しその書記長に就任。

 野坂参三とともに衆議院議員に当選するなどして活躍したが、「徳田要請問題」を機に公職追放、逮捕状請求となったために1950年に中国へ亡命。

 現地で北京機関なる組織を結成して、地下放送「自由日本放送」等を駆使し、中国から日本共産党の武装闘争を指揮した。しかし、1952年には意識不明のために入院し、その翌年には脳細胞血管の痙攣で死亡していた。

 日本にその死が知らされたのは2年後の1955年。

 9月13日に北京で行われた追悼集会に3万人を集めた後に、その遺骨は9月17日に羽田空港へと帰還したのだった。

 死して2年もの間その死が隠され続けた徳田。

 その最期も、政治闘争に明け暮れた活動家らしい、極めてスリリングな幕引きであったといえるだろう。

<10月14日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

10月14日は戦後最初の日本共産党書記長、徳田球一が人知れず亡くなった日!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル