10月31日は画家エゴン・シーレが亡くなった日!

10月31日は画家エゴン・シーレが亡くなった日!の画像1
(Wikipedia Egon Schieleより使用。Public Domain)

『エゴン・シーレ作「死と乙女」』(オーストリア・ギャラリー収蔵)

 1918年10月31日は、19世紀後半を代表する画家のエゴン・シーレが死亡した日である。
クリムトらとともに19世紀末に活躍したウイーン分離派の画家として知られるシーレであるが、その怪異ともいえるような独特の画風は同時代の画家からは明らかに一線を画し、表現主義の作家と括られることも多い。

 ウィーン美術アカデミーにも入学した早熟な才能は同年代でもよく知られるところで、師事したクリムトの全面的な支援も手伝い、ウィーン国内に止まらない賞賛を集めていた。

 その一方で、当時としては過激な部類に入ったシーレの画風から様々なトラブルにもつきまとわれ、1912年には14歳の少女を泊めたことで身柄を拘束され、さらにはその作品が警察により猥褻物として押収、ひどいものは燃やされるという事件もあった。

 結果的にシーレの激しい人生はたった28歳で終わってしまうのだが、その全盛期といわれている頃にモデルを務めていたのが、クリムトから紹介されたといわれるヴァリ・ノイツェルである。

 多くの名作のモデルとして知られるヴァリは私生活でもシーレのパートナーであったのだが、中でも評価の高い作品が彼女とシーレの別れを描いたといわれる『死と乙女』である。

 シーレは彼女以外の女性との結婚を告げながらも、その一方でヴァリとの関係も続けていく予定であった。

 しかしヴァリは断固とした別れを望み、その返答に驚いた瞬間のシーレが、“死”として描かれている。

 結果的に、ヴァリを拒絶し別の妻を娶ったシーレであったが、妻とともにたった4年後に、当時猛威を振るったスペイン風邪で死亡している。

 そのあまりにも早過ぎる死を思うと、シーレは自らのミューズを手放し『死と乙女』を描きあげた時点で、画家として、そして人間としての自らの死を選んでしまったといえるのかもしれない。

<10月31日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

10月31日は画家エゴン・シーレが亡くなった日!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル