「ワクチン接種後14日以内に5万人が死亡」弁護士が暴露 がん患者20倍増加のデータも

画像は「Getty Images」より


 5万人の患者が新型コロナウイルスワクチンを接種した後、14日間以内に死亡したという驚きの内部告発が明らかになった。

 「Great Game India」(9月30日付)によると、医療弁護士のトーマス・レンツ氏が、高齢者および障害者向け公的医療保険制度である「メディケア」に加入している患者だけで48,465人が、新型コロナウイルスワクチン接種後14日以内に死亡したことを記録した政府データを提供した内部告発者がいることを発表したという。

 メディケアの運営母体であるCMS(Centers for Medicare & Medicaid Services)にはメディケア加入者約5940万人のデータを保有しているため、新型コロナウイルスの動向を調査する上で米国最大のデータベースだとレンツ氏は話す。

 年齢別の死亡者数は、81歳以下が19400人、81歳以上が28065人、合計48465人に相当するとのことだ。

「これは生のデータです。分析はしていません」(レンツ氏)

 また14日以内の死亡はワクチン未接種とみなされるため、政府当局がこれらの死亡例をワクチン接種に関連した死亡例以外のものとして分類しているのではないかという疑問が生じているという。

 レンツ氏はメディケアのサーバーからの生データのスクリーンショットを見せながら、「嘘をつき続ける卑劣なファクトチェッカーたちへのプレゼント」と辛辣な批判を行った。

画像は「Getty Images」より引用

 新型コロナウイルスワクチンの知られざるリスクを暴露したのはレンツ氏だけではない。もう一人の内部告発者である臨床検査機関の医師は、新型コロナウイルスワクチンの導入以降、がん患者が20倍に増加していることを発見。これはワクチンが深刻な自己免疫問題を引き起こしているからであり、その反応は「逆HIV」だという。

 新型コロナウイルスワクチンが安全で効果的というマスメディアの主張はデタラメだとレンツ氏は語る。

「『安全で効果的』というマントラは止めなければなりません。これらは、政府やメディア、SNSが、何も起こっていないと国民に伝え続けている『副作用』であることを忘れないでください。彼らは嘘をついています。彼らが嘘をついているのは間違いありません」(レンツ氏)

 新型コロナウイルスの安全性については再検討されるべき時が来ているのかもしれない。透明性のある検証が行われることを望みたい。

参考:「Great Game India」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「ワクチン接種後14日以内に5万人が死亡」弁護士が暴露 がん患者20倍増加のデータものページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル