【閲覧注意】交通事故で“全身を強く打って”死んだ我が子にしがみついて泣く母親! あまりにも悲惨な現実

関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】交通事故で全身を強く打って死んだ我が子にしがみついて泣く母親! あまりにも悲惨な交通事故の現実の画像1画像は、「alivegore.com」より

 2019年4月、暴走した車が次々と通行人をはね、計11人が重軽傷を負い、母子2人が死亡する「池袋暴走事故」が発生した。自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三氏(90)は、運転していたトヨタ・プリウスのブレーキが作動しなかったことが原因だとして無罪を主張。しかし、先月2日に東京地裁で開かれた判決公判では、禁錮5年の有罪判決を言い渡された。控訴するとみられていた飯塚氏だが、15日に判決を受け入れた。

 控訴を断念した飯塚氏の本心は定かではないが、自らが未来ある母子の命を奪ったという事実を、さらにはその遺族の無念をしっかりと直視し、心の底から謝罪することが求められている。しかし、飯塚氏に限らず、交通事故の加害者は被害者の苦しみから目を背けがちだ。そんな彼らでも、海外の過激動画共有サイト「alivegore.com」で公開されている現実を見れば、改心するかもしれない。

 動画に映っているのは、道路脇にうずくまる一人の女性だ。彼女の前には、粉々になった肉片が散らばっている。千切れた手足も見える。「母親が子供の残骸を前に嘆き悲しむ」というタイトルから、これらの肉片が女性の子供の遺体であることがわかる。女性は、変わり果てた我が子に顔を埋めて泣き叫ぶ。もう一人の女性がやって来て、辛うじて原形をとどめている遺体の頭部を抱きしめてうずくまった。ミンチ状になってしまった子供は憐れだが、その子供を囲んで泣き崩れる2人の女性の姿も見るに堪えない。交通事故の悲惨さを物語る動画である。

 国土交通省は先月30日、車両の事故情報を記録する「イベントデータレコーダー(EDR)」の装備を義務化する保安基準を一部改正したと発表。乗用車と車両総重量3.5トン以下の貨物車を対象に、来年7月以降の新型車から適用される。速度やシートベルトの着用の有無などが記録されるため、交通事故の原因が迅速に究明されることが期待される。

 もっとも、EDRのような技術が発達し、事故後の裁判の流れがスムーズになったとしても、事故によって失われた命は戻ってこないし、遺族の悲しみが消えるわけでもない。ドライバーはこのことを肝に銘じ、日々の安全運転に努める必要がある。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

■あなたの“理性”度合い 「外で銃声が聞こえたとします。...

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】交通事故で“全身を強く打って”死んだ我が子にしがみついて泣く母親! あまりにも悲惨な現実のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル