「2022年は“調整された”新たなコロナワクチン接種を…」ビオンテックCEOが発言! 延々続く追加接種で全人類“ワクチン漬け”か

「2022年は調整された新たなコロナワクチン接種を…」ビオンテックCEOが発言! 延々続く追加接種で全人類ワクチン漬けへの画像1
画像は「Getty Images」より

 日本では国民の6割が新型コロナウイルスワクチンの2回接種を完了、7割が1回の接種を済ませているが、今後さらに新たなワクチンを接種しなくてはいけなくなるかもしれない。

 地政学情報サイト「Great Game India」(10月4日付)によると、製薬大手「ファイザー」とともに新型コロナウイルスワクチンを共同開発した独医薬品会社「ビオンテック」のCEOであるウール・シャヒン氏が、2022年半ばまでに“調整された”ワクチンが必要になるかもしれないと発言したというのだ。

 シャヒン氏は英「フィナンシャル・タイムズ」にこう話した。

「今年は(別のワクチンは)まったく必要ありませんが、来年の半ばには異なる状況になっているかもしれません」(シャヒン氏)

 シャヒン氏によると、感染力の強いデルタ株には追加接種で対応できるとのことだが、ワクチンで獲得された免疫をすり抜けるような変異株が出現した場合、別のワクチンが必要になるという。

「次世代のウイルスが、既存の世代よりも免疫系にとって扱いやすいと考える根拠はありません。これは継続的な進化であり、その進化は始まったばかりなのです」(シャヒン氏)

「2022年は調整された新たなコロナワクチン接種を…」ビオンテックCEOが発言! 延々続く追加接種で全人類ワクチン漬けへの画像2
画像は「Getty Images」より引用

 しかし、そうなると進化が今後もずっと継続していき、次から次へと新たなワクチンを接種しなくてはならなくなる。ファイザー社は知的財産権を放棄することはイノベーションの阻害だとして、ワクチンの特許を共有しない姿勢を見せているが、元アメリカ疾病予防管理センター長のトム・フリーデン氏などは、こうした企業を「戦争で利益を得ている」と非難している。

 今後も延々と世界中の人々が新ワクチンを接種し続けなければならないのなら、ファイザー社やビオンテック社は莫大な利益を定期的にあげることができるだろう。たった一晩で設計されたワクチンがこれほどの金を生むのだから、コストパフォーマンスは最大だ。製薬企業に搾取されるがままに、いつまでもコロナウイルスに怯えながらワクチンを打ち続けるという暗澹たる未来が、ニューノーマル(新常態)の正体だったのだろうか?

参考:「Great Game India」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

■あなたの“理性”度合い 「外で銃声が聞こえたとします。...

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「2022年は“調整された”新たなコロナワクチン接種を…」ビオンテックCEOが発言! 延々続く追加接種で全人類“ワクチン漬け”かのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル