【閲覧注意】他者を「人間の盾」にして銃撃から身を守ろうとした女性の恐ろしい最期とは!? 身勝手さに殺人鬼も呆れ顔か=ブラジル

関連キーワード:

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】他者を「人間の盾」にして銃撃から身を守ろうとした女性の恐ろしい最期とは!? 身勝手さに殺人鬼も呆れ顔か=ブラジルの画像1画像は、「LiveGore」より

 ブラジル・セアラー州バルバラにある宝くじ売り場で今月5日午後、武装した男が売り場内にいた女性一人を射殺する事件が起きた。銃撃を受けたデリアーネ・リベイロ・ダ・シルバさん(35歳)は現場で死亡した。容疑者はデリアーネさんや売り場内から何も奪わずに逃走した。警察によると、まだ誰も逮捕されておらず、犯行の動機も不明だという。

 事件の一部始終をとらえた監視カメラ映像が海外の過激動画共有サイト「LiveGore」などで公開された。売り場内では、一人の男性客がカウンターにいて、その後ろにデリアーネさんが並んでいる。しばらくして、ヘルメットをかぶった赤いシャツの男が銃を構えて入ってきた。驚くべきことに、デリアーネさんは素早く動いて男性客の後ろに回り込み、彼を「人間の盾」にした。男性客は両手を上げて撃たないように懇願する。一方、襲撃者は男性客に目もくれず、デリアーネさんに向かって発砲した。被弾したデリアーネさんはその場に倒れて動かなくなった。

 赤の他人を犠牲にしてでも助かろうとしたデリアーネさんだが、命を奪われたのは彼女だけだった。もしかしたら、彼女の自己中心的な性格が災いして誰かから怨みを買い、今回の銃撃事件に発展したのかもしれない。

 銃撃を防ぐ目的で「人間の盾」を利用するのは犯罪者がよく使う手口である。同国サンパウロ州で今年8月30日、複数件の銀行強盗に及んだ武装集団が、人質を車に縛り付けて逃走する事件が発生した。ギャング組織のメンバーとみられる20人以上の武装集団は、3カ所の銀行を襲撃して逃走する際、警察に銃撃を躊躇させるために人質を「人間の盾」として利用した。警察との銃撃戦によって、容疑者1人を含む3人が死亡し、5人が負傷したと報じられた。

 デリアーネさんは自らの身を守ろうとして男性客を「人間の盾」にしたのだろうが、彼女の行為は銀行強盗と変わらない。突然の災難に見舞われたときに人間の本性が表れる。自分が助かりたいあまり他人の命を犠牲にする暴挙に出れば、必ずその報いを受けることになる。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】他者を「人間の盾」にして銃撃から身を守ろうとした女性の恐ろしい最期とは!? 身勝手さに殺人鬼も呆れ顔か=ブラジルのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル