【閲覧注意】孤独死から2カ月、「飼い犬に食い尽くされた」中年男の死体が悲惨すぎる! 1人と1匹の絶望的最期とは!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】孤独死から2カ月、「飼い犬に食い尽くされた」中年男の死体が悲惨すぎる! 1人と1匹の絶望的最期とは!?の画像1画像は、「Reddit」より

 犬や猫などのペットは、孤独死などの理由から飼い主が死亡した後、室内に閉じ込められて食べ物が尽きると、飼い主の遺体を食べることがある。そんな悲惨な現場を撮影した画像がRedditで公開された。

 画像の遺体は中年男性のものである。彼は、行方不明と報告されてから2カ月後、自宅で死亡しているのが発見された。頭蓋骨は、他の部位が発見された部屋とは別の部屋から発見された。また、犬の死骸が別の部屋にあった。

 頭蓋骨は胴体から離れた状態だった。頭蓋の左側面はミイラ化した皮膚の断片で覆われており、鼻骨や眼窩、上顎骨、頬骨弓の一部がなかった。下顎骨は外れ、歯は落ち、動物によって食べられた証拠が見られた。胴体は部分的に白骨化し、ミイラ化して硬く変色した筋肉が骨盤や臀部、上腕、前腕、手、指を覆っていた。また、脊椎は曲がり、胸椎上部を含む前椎体に大きな損傷が見られた。さらに、左の肋骨はすべて食べられたことで失われた。右胸腔には腐敗した軟組織の残骸があったが、肺であると推測される。それ以外の臓器は、食べられて失われた。

 トカナではこれまでも現代社会が抱える闇である孤独死の悲惨すぎる現場をいくつも紹介してきたが、今回は特に遺体の損傷が激しい部類に入るだろう。亡くなった男性の寂しさと絶望もさることながら、信頼していた飼い主に先立たれ、その遺体を食らわねばならず、それでも生き残れなかった犬も不憫でならない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】孤独死から2カ月、「飼い犬に食い尽くされた」中年男の死体が悲惨すぎる! 1人と1匹の絶望的最期とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル