【超・閲覧注意】本気のツキノワグマに襲われた男がヤバすぎる! 顔面をごっそり剥ぎ取られ… 再建手術が奇跡的成功=印

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【超・閲覧注意】本気のツキノワグマに襲われた男がヤバすぎる! 顔面をごっそり剥ぎ取られ… 再建手術が奇跡的成功=印の画像1画像は、「Documenting Reality」より

 秋田県北秋田市で今月9日午後1時20分ごろ、自宅の裏山でクリ拾いをしていた70代の男性がクマに襲われて負傷した。男性は肘などを噛まれたが、自宅に戻って自ら消防に通報した。全治3~4週間の重傷だという。秋田県内では、9~10月にかけてクマに襲われてけがをする人が急増しており、今回は10人目となった。

 このように運悪くクマに襲撃された被害者がどうなるか海外過激画像共有サイト「Documenting Reality」から紹介しよう。

 この襲撃事件はインドで発生した。ツキノワグマに襲われた46歳男性が救急外来にやって来た。森の近くで働いていた彼は正午ごろ、近くの茂みから現れたツキノワグマに正面から襲われ、声を上げた。その後、近くで働いていた人々がクマを追い払った。男性は茂みから救出され、地元の病院に搬送された。応急処置を受けた後、重度の顎顔面損傷のために口腔外科と顎顔面外科に紹介された。輸送時間が長引き、彼は事件の9時間後にセンターに到着したという。

 男性は顔面中央部の軟組織全体が剥離していた。顔面全体に複数の裂傷が見られ出血していたが、意識はあり、時間や場所・空間は正確に判断でき、バイタルサインも安定していた。まずは呼吸と循環を維持した後、破傷風の予防と抗狂犬病の予防接種が行われた。さらに、血液学的、生化学的、および放射線学的特徴が調査された。

 断層写真とレントゲン写真によって、下顎骨の骨折と顔面中央部の骨折が確認された。創傷と顔面骨折が広範にわたっていたため、さらなる検査と修復のために手術室に運ばれた。手術前にセフトリアキソンとスルバクタム、メトロニダゾールが静脈内に投与され、全身麻酔下で手術が行われた。

 顔全体には葉や木片、ほこりが付着していた。さらなる検査で、鼻の右内側とまぶた右側の組織も失われていることが判明し、傷の洗浄が必要だったため、ポビドンとヨウ素溶液、過酸化水素、生理食塩水で洗浄された。深部や穿刺傷も注射器と針で圧力をかけて洗浄されたという。

 その後、顔面の修復が行われた。骨が再建され、裂傷が閉じられ、後日に鼻の内側の組織喪失を修復することも決まった。手術後、男性は観察のために集中治療室へ運ばれ、8時間ごとにセフトリアキソンとスルバクタム、メトロニダゾールの静脈内投与が行われ、順調に回復して術後15日目には退院することができた。45日後、全身麻酔下で鼻の修復手術も行われ、術後の回復も順調だった。

 秋は冬眠を控えたクマの行動が活発になる時期として知られる。この男性のように重傷を負いたくなければ、クマが出没する場所にはむやみに近づかず、万一クマの姿が見えたらすぐに逃げるのが賢明である。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【超・閲覧注意】本気のツキノワグマに襲われた男がヤバすぎる! 顔面をごっそり剥ぎ取られ… 再建手術が奇跡的成功=印のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル