【実録】松任谷正隆の“のれん”にまつわる心霊秘話とは!? 元現場カメラマンが決死の初激白

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIMONときはる」が今明かす真実!

 10月27日にアルバムをリリースするSKYEのメンバーである松任谷正隆氏。言わずと知れた日本の音楽シーンを牽引してきた超大物ミュージシャンの一人であるが、今回はこの松任谷氏にまつわる不思議なエピソードを初めて明かしたい。

■松任谷正隆に危機を救われた

【実録】松任谷正隆ののれんにまつわる心霊秘話とは!? 元現場カメラマンが決死の初激白の画像1
「国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW」のチラシ(筆者私物)

 1985年6月15日、旧国立競技場にて開催された日本の音楽史上最大のジョイントコンサート「国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW」。その日、写真家としてのキャリアをスタートさせて5年目の筆者は、プレス撮影エリアにいた。6万3000人もの観客に圧倒されつつ開演前に撮影準備をしていた時のことだ。突然、何の前触れもなく、用意していた予備を含む3台の一眼レフが全て動かなくなってしまった。

 全身から血の気が引き、絶望的な気持ちに襲われた直後、撮影エリア脇の通路を松任谷正隆氏が通った。そこで「おはようございます」と挨拶した筆者に、松任谷氏は「打ち上げは、青年館だからね」と優しい口調で仰り、笑顔で立ち去られた。前年に松任谷由実の撮影で幾度かご挨拶していたので覚えていて下さったのだと嬉しくなったが、今はそれどころではない。すぐに直面する現実に引き戻され、なんとかカメラを復活させなければと祈るような気持ちでふとシャッターを切ると、動く…! どういうわけか、さっきまでの不調がまるで嘘のように、全てのカメラが正常に戻ったのだ。

 この時の筆者は、音楽家として崇拝する松任谷氏が秘めた霊力の“本当の凄まじさ”に、まだ気づいていなかったのだ――。

■凄まじい霊力の予感

【実録】松任谷正隆ののれんにまつわる心霊秘話とは!? 元現場カメラマンが決死の初激白の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 奇跡のような出来事に救われ、無事に撮影を済ませることができた筆者。旧日本青年館(2015年に解体・移転)内のレストランで行われた打ち上げに参加し、幸運にも松任谷正隆氏とお話できる機会に恵まれた。松任谷氏は、写真家である筆者よりもはるかに一眼レフについて詳しく語れるお方だった。その時に、もともと霊感の強かった筆者はもしかして…… とピンときた。

 生まれつきの霊力はもちろんのこと、一眼レフに向ける並々ならぬ愛があったからこそ、松任谷氏は国立競技場でカメラマンを困らせようとしていた悪霊を、挨拶を交わしただけで祓うことができたのではないか――!?

 そして筆者の直感は、数十年の時を経て確信に変わるのである。

■すべてが確信に変わった瞬間

 時は流れ、2014年7月。霊南坂教会で行われた帝劇10月公演「あなたがいたから私がいた」制作発表の場に仕事で足を運んだ筆者。早めに到着し、(1985年の建て直しで作られたという)礼拝堂へと続く美しいステンドグラスに目を奪われてしまった。

 そしてふと、時刻が気になり腕時計に目をやると、止まっている……! 1週間前に電池交換とメンテナンスしたばかりの腕時計なのだが、なぜ!? 仕方なくスマホで時刻を確認しながら撮影準備をしていると、松任谷由実そして共演の俳優達とともに演出の松任谷正隆氏も到着された。

【実録】松任谷正隆ののれんにまつわる心霊秘話とは!? 元現場カメラマンが決死の初激白の画像3
トラブルに見舞われた腕時計(筆者私物)

 もちろんタイミングを見て松任谷氏にご挨拶したが、その時である。筆者の左腕が、勝手に20cmほど動いた。経験した事のない感覚だったが、筆者の脳裏に、29年前の国立競技場での出来事がフラッシュバックする。まさか――!? と腕時計を確認すると、なんと正常な時刻を刻んでいるではないか。

 これは……! 世間で大成功を収める人々と同様、松任谷氏は凄まじい霊力で護られているのだと確信せざるを得なかった。松任谷氏が自覚されているかはわからないが、しかし、二度も助けていただいたお礼をしなければ――そう筆者は悟ったものの、これほど凄まじい霊力の持ち主にいったい何を贈ればよいのか見当もつかなかった。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

【実録】松任谷正隆の“のれん”にまつわる心霊秘話とは!? 元現場カメラマンが決死の初激白のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル