11月21日はアルカトラズのバードマン、ロバート・ストラウドが死亡した日!

11月21日はアルカトラズのバードマン、ロバート・ストラウドが死亡した日! の画像1
(写真はWikipedia Robert Stroudより使用。Public Domain)

『アルカトラズ刑務所時代のストラウドと、その著書「Diseases of Canaries」』

 1963年11月21日は、2件の殺人を犯した犯罪者であり、その終身刑の最中に鳥類の研究家として活躍したロバート・ストラウドが死亡した日である。

 13歳でアルコール依存症の父親の元から家出し、当時36歳の売春婦キティと出会い、そこからはポン引きとして活動。18歳の時に未払いの客を射殺し懲役12年の刑に服することになったストラウド。

 刑務所の中でも暴行罪で懲役を追加されるなど数々の問題を起こし、1916年には面会権を剥奪した看守を刺殺してしまう。

 母親の嘆願で死刑は免れ、若くして終身刑となったストラウドだったが、ここからもうひとつの人生が始まる。

 運動場で小鳥を発見し強い興味を惹かれたストラウドは、独房の横の工場内でカナリアを飼育することを許可され、その生態の解明に大きな貢献を果たす2冊の著書『Diseases of Canaries』(1933年)『Stroud’s Digest on the Diseases of Birds』(1943年)を発表するのである。

 その後の研究でカナリアの病気治療に大きく貢献を果たし、治療薬の販売にまで乗りだしたストラウド。

 果たしてその人間の命を奪い、小鳥たちの命を救ったその人生への評価は、善悪の判断が極めて難しいものである。

 最終的には1942年にアルカトラズ刑務所へと移送され、愛したカナリヤの飼育もできなくなった状態で死んでいったストラウド。

 “アルカトラズのバードマン”と呼ばれたその人生は、今も多くのものたちの心を惹きつけて止まない、不思議な人生である。

<11月21日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

11月21日はアルカトラズのバードマン、ロバート・ストラウドが死亡した日!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル