【実録】「家族で自分だけ免疫力が高い男」の7つの習慣とは!? 謎の「SO水」でコロナに負けない体になる可能性も?

【実録】「家族で自分だけ免疫力が高い男」の7つの習慣とは!? 謎の「SO水」でコロナに負けない体になる可能性も?の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 2019年12月から始まった新型コロナウイルスのパンデミックが、世界を一変させてしまった。現在のところ日本での感染拡大は落ち着いているが、比較的早いタイミングでワクチン接種が始まっていた諸外国に目を向けると、再び猛烈な勢いで新規感染者が増加している。この後、日本でも遅れて第6波、第7波……という事態が待ち受けているのか、決して予断を許さない状況だ。

 引き続き、この殺人ウイルスからどのように自分の身を守るべきなのか、新型コロナにも感染することなく、また、家族がインフルエンザで倒れても自身は全く平気な筆者の体験も踏まえて今、このタイミングでしっかりと考えてみたい。

■自分だけが感染しない

 まず、筆者の個人的な話題になるが、昨年1月下旬にタイ人の妻と生後7カ月の娘が39度以上の熱を出し、A型インフルエンザと診断された。その後、1月末になると筆者が強烈な頭痛が始まり、吐き気も伴い嘔吐したが、インフルエンザの検査を受けたところ陰性と判定された。ただし、この迅速検査の精度は60%程度で、40%では発症していても陰性となるという。また、感染初期でも陰性となることがあるといい、安心しすぎないようにと医師には言われた。

 ちなみに、7歳の息子と5歳の娘は、2019年12月にインフルエンザ予防接種を受けていたためか発症しなかった。部屋中にインフルエンザウイルスが充満している中で執筆の仕事をしているのに、なぜ自分だけが罹患しなかったのだろうか。このように、筆者の免疫力が通常より高いと考えられる理由について、いくつかの可能性を考察してみたい。

1. 黒にんにくを毎日3粒ほど食べている
 筆者は2019年12月に大腸がんの切除手術を受けた後、抗がん作用が期待できるという黒にんにくを毎日2~3粒食べ始めた。ニンニクを特殊な方法で1カ月ほど加熱熟成させたもので、甘味や酸味が加わり美味しくなる。生に比べて抗酸化作用が高まり、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させるため、インフルエンザなどの病原菌を撃退する働きも考えられる。

2. スピルリナやケールなど免疫力を高める食品を摂っている
 他にも、抗がん作用が期待できるというスピルリナやケールなどの野菜も毎日摂り始めた。スピルリナは中南米などの湖に自生する濃い緑色の藻類で、タンパク質を60%含むなど栄養豊富、抗がん作用のほかインフルエンザウイルスに対する耐性も動物実験で確認されたという。ケールもNK細胞活性化を促進する効果が高く、免疫力を高めてインフルエンザなどのウイルス撃退効果も期待される。

【実録】「家族で自分だけ免疫力が高い男」の7つの習慣とは!? 謎の「SO水」でコロナに負けない体になる可能性も?の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

3. 糖質制限とケトン食を始めた
 糖質の過剰摂取によってがんなど様々な病気になるリスクが増えると知り、糖質を減らして脂肪を増やす食事「ケトン食」が注目を集めている。筆者は大腸がんを発症した原因を徹底的に調べた結果、糖質の過剰摂取が一因ではないかと考えるに至り、再発予防のためにこの食事療法を始めた。清水康行医師の著書『「糖質過剰」症候群』(光文社)によると、糖質はがん細胞が大好物な「えさ」であり、摂取を減らせばがん細胞はかなり弱るという。また、がんの食事療法で定評がある古川健司医師による『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』(光文社)では、人体でブドウ糖エネルギーが枯渇すると、体内の脂肪酸やアミノ酸の一部が「ケトン体」という物質を作り出し、それが代用のエネルギー源になるが、がん細胞はケトン体を利用できないそうだ。筆者は前述のスピルリナやケールなどのケトン食材をミキサーにかけて、スムージーやスープとして飲んでいるが、糖質制限によって頭の回転が悪くなることはなく、むしろ頭が冴えて執筆や研究活動に役立っている。もちろん、ケトン食療法は、免疫力を高めるためにインフルエンザなどの感染症予防にもつなるだろう。

4. ビタミンDサプリを摂っている
 がん患者のほとんどはビタミンD欠乏症だという説があり、日光浴やサプリで補給すると癌の再発を防ぐ効果が期待できるという。そこで2019年10月下旬より、筆者はビタミンDサプリを毎日摂り始めた。前述の古川健司医師によると、ビタミンDはインフルエンザ、ノロウイルス、赤痢などの感染症とも大きく関係があり、血中ビタミンD濃度が高くなるほど発症しにくくなる。このビタミンは免疫の働きを調整する重要な役割をもつためだ。現在、ビタミンD不足は世界的現象となっているが、理由として考えられるのは、最近の人は日光をあまり浴びなくなったことではないかと古川氏はいう。インフルエンザ予防のためにはビタミンDの強化が重要であることが確認されているそうだ。

人気連載

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

【実録】「家族で自分だけ免疫力が高い男」の7つの習慣とは!? 謎の「SO水」でコロナに負けない体になる可能性も?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル