「ラッセンおじさん」芸人・永野の正体は最強のロック野郎

「ラッセンおじさん」芸人・永野の正体は最強のロック野郎の画像1
永野(撮影=編集部)

 初めての著書『僕はロックなんか聴いてきた~ゴッホより普通にニルヴァーナが好き!~』(リットーミュージック)が話題になっているピン芸人の永野。彼はこの本の中で独断と偏見を交えて自分の好きなロックミュージックについて語っている。つかみどころのない孤高の芸風を貫く永野は、ロックからどんな影響を受けてきたのだろうか。

※  「ニルヴァーナに憧れて人生間違った!?」永野が真意を明かした前編はコチラ!


■馴染めない、努力しない、ドラマもない

――永野さんの「居場所がない」という話を聞いて思い出したのが、本に書かれていた生い立ちの話です。幼稚園から中学までは一貫制の品の良い感じの学校に通っていて、高校でいきなりヤンキーが大勢いるようなところに通うようになって。永野さんはどちらにも馴染めなかったんですよね。

「ラッセンおじさん」芸人・永野の正体は最強のロック野郎の画像2
僕はロックなんか聴いてきた~ゴッホより普通にニルヴァーナが好き!~』(リットーミュージック)

永野  そうなんですよ、それを今回初めて書いたんです。中学まではずっと落ちこぼれで、でもヤンキーにもなれなくて。高校に入ったら、周りにヤンキーがいっぱいいたんですけど、それも下品で嫌だなと思っていて。その感覚がずっと残っているから、お笑いをやっている中でもなんか天邪鬼なところがあるんです。

――ずっと周りとは何かが違うという感覚があったんですね。

永野  最初はそのことを誇らしく思っていたんですよ。でも、今はマジで嫌だなって思います。嫌なんですけど、酒を飲んでごまかしたりできるから助かってます。何でも笑ってくれる後輩が4~5人いて、そいつらに「すごいですね」とか言ってもらっているので。

 この本を書いてみて、自分のことがわかったのは良かったです。貧乏だった人が努力して夢をつかんだ、とかだったら支持されるじゃないですか。でも、僕の場合、こいつを見ても誰も感動しないな、って。

――引っかかるところがない、ということですか?

永野  もともといい学校に通っていて、本人の努力不足で不良の学校に行って、高校卒業してからは親の金で専門学校に行って。身一つで東京に出てくるとかいうドラマが1個もないから、こんなやつは応援できないですよね。

――最初に上京したときも母親が付き添っていて、CDを買ってもらったんですよね。

永野  そうです。ナイン・インチ・ネイルズという猟奇的なバンドの『ブロークン』というEPを買ってもらいました。殺人事件の現場をスタジオにしてレコーディングされたものなんです。中学生のときにも、セックス・ピストルズの写真集を母親に買ってもらってますからね。そういうのは万引きしろよ! なんで母親に買ってもらってるんだよ! って自分でも思います。

――ただ、あまりいないタイプですよね。

永野  僕と同じように特にドラマもなく、何にも馴染めなかったっていう人は、ひょっとしたら僕を見て安心するかもしれないですよね。よく誤解されるんですけど、僕はすごく不遇だったからこういう芸風になったとかじゃないんです。普通に毎日ご飯食べてましたからね。

――そんなに苦労はしていないと。

永野  僕の場合、全部本人が悪いという話なんですよね。不遇の時代があったとか、ウソを話したことはありますよ。相手が喜ぶかなと思って。でも実際は、お金がないときも働くのが嫌でほとんどバイトもしていなかったけど、友達の家に行ってご飯食べたりしていて、お腹は満たされていたんですよね。

 たしかに、お笑いを始めてから売れるまではずっと不遇と言えば不遇なんですけど、それは自分が悪いだけなんですよね。人に何かされたわけでもなく、ただ自分の努力が足りなかった。地元で仲良かった友達とかも、ろくでもないやつしかいないですからね。

――永野さんはYouTubeで「映画『稲村ジェーン』が面白かった」という話をされていましたね。世間では駄作という声も多いんですけど、永野さんにとっては何もしてない若者のダラダラした生活が描かれているのがリアルだったという。

「ラッセンおじさん」芸人・永野の正体は最強のロック野郎の画像3
映画『稲村ジェーン』

永野  あれは逆張りでも何でもなく、本当に感動しちゃったんです。高校生の頃に映画館で見たんですけど、そのときはよくわからなかったんです。でも、いま見たらめっちゃ感動したんです。本当に何にもない青春なんですよ。それで、自分の若いときのことを思い出しました。

 地元に水産会社の社長の息子がいて、そいつがなぜかいつも会うたびに500円くれたんです。だから毎日500円持ってひたすらゲーセンに行ってました。そのうちにゲーセンに行くことにも飽きちゃって、ずっとビリヤードをしていました。当時19か20ぐらいで、その生活が絶対に良くないのは知っていて、お笑いはやりたかったから気持ちは焦っていたんだけど、何もできなかったんです。そのときの自分と全く一緒だと思ったから、『稲村ジェーン』は刺さりまくりました。その頃の友達は本当にろくでもないですよ。

――なるほど……。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「ラッセンおじさん」芸人・永野の正体は最強のロック野郎のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル