火星で古代宇宙人の彫像発見、驚きの顔面ついに判明! 遺伝子操作で瞼をサングラス化していた事実も… NASAは隠蔽か

 NASAの最新鋭火星探査車「パーサヴィアランス」が宇宙人の“顔”を撮影か――。著名UFO研究家によれば、なんと古代の火星には“トーテムポール”が建っていたという。

■火星地表に長頭エイリアンの頭部彫像を発見

 一説によると、火星にはかつて栄えた超古代文明の痕跡がいくつも残されているという。地球上の我々人類があずかり知らぬ超古代の火星で、いったい何が起こったのか。

 そしてまた1つ、火星の地表でそうした超古代文明の痕跡が発見された。NASAの火星探査車「パーサヴィアランス」が撮影した火星地表の画像の中から、古代エイリアンの“顔”が発見されたのだ。

火星で古代宇宙人の彫像発見、驚きの顔面ついに判明! 遺伝子操作で瞼をサングラス化していた事実も… NASAは隠蔽かの画像1
「UFO Sightings Daily」の記事より

 先日、台湾在住の著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏が自ら運営するUFOブログ「UFO Sightings Daily」に投稿した記事では、火星地表に長頭エイリアンの頭部の彫像が見つかったことを報告している。

「今日、火星の画像から、額が伸びたこのエイリアンの顔を見つけました。顔は片側にしか見えず、もう一方は地面に向いて横たわっています。しかし、私は写真を半分にカットして、2つの一致する面を作成することにしました」(スコット・ウェアリング氏)

 こうしてウェアリング氏は、この頭の長いエイリアンの顔を正面からとらえた肖像を再現した。

火星で古代宇宙人の彫像発見、驚きの顔面ついに判明! 遺伝子操作で瞼をサングラス化していた事実も… NASAは隠蔽かの画像2
「UFO Sightings Daily」の記事より

「暗い黒い目は、光に非常に敏感な“グレイ”エイリアンの報告と非常によく似ています。サングラスの瞼を進化させるためにDNAを遺伝子操作したものです。頭のサイズは約1フィート×2.5フィートの長さです。この彫刻からは、肩・上肋骨・あご・鼻・頬・目とその周囲の隆起、そして額のユニークなデザインを見ることができます」(スコット・ウェアリング氏)

 いわゆる“グレイ”タイプのエイリアンの目はもともと光に弱いため、遺伝子操作でサングラスの機能を備えたという話もまた興味深い。

■パーサヴィアランスが至近距離を通過していた

 エイリアンの顔を写実的に模したものというよりも、地球上の文明でも見られるようなデザインされた人物彫像である可能性が高いのかもしれない。その意味では、何らかの装飾のために作られた芸術作品なのだろうか。

「色と質感から明らかなのは、これが置かれている岩の一部ではないことです。これが取り付けられている岩も黄色で、エイリアンの頭が白黒であるためです。それは明らかに、ずっと昔に横に倒れた壁に形成された彫刻です。私たちにとって幸運なことに、母なる自然はそれを破壊したり、砂で覆ったりしていません」(スコット・ウェアリング氏)

火星で古代宇宙人の彫像発見、驚きの顔面ついに判明! 遺伝子操作で瞼をサングラス化していた事実も… NASAは隠蔽かの画像3
「UFO Sightings Daily」の記事より

 たとえば、神殿のような建造物の壁や柱に施された装飾であったと想像力を働かせてみれば夢が広がる話かもしれない。

「面白いのはNASAの探査車のタイヤ跡がこのエイリアンの彫刻からわずか数メートルのところにあることです。これは、NASAが火星にかつて存在した高度なエイリアン文明の証拠を隠蔽したことの決定的な証拠です!」(スコット・ウェアリング氏)

 パーサヴィアランスは至近距離からこの“顔”を確認していたことは間違いないのだが、NASAはこれを故意に無視しているとウェアリングは指摘する。火星文明の“痕跡”に一切触れもしなければ言及することもないというNASAの頑なな姿勢がここでも浮き彫りになったということだろうか。

「また、丘の頂上で横倒しになっているトーテムポールも見つけました。端が焦げた大砲のように見えますが、遠くから見るとトーテムポールです」(スコット・ウェアリング氏)

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

火星で古代宇宙人の彫像発見、驚きの顔面ついに判明! 遺伝子操作で瞼をサングラス化していた事実も… NASAは隠蔽かのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル