爆笑・太田光が大炎上! だが真にヤバイのは相方・田中裕二説「とにかく扱いづらい」

関連キーワード:

,

,

 10月31日に放送された「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」(TBS系)で選挙特番の司会に初挑戦したお笑いコンビ「爆笑問題」太田光が、盛大に空回りした。太田は自民党の甘利明幹事長(当時)と中継を結んだ際、選挙戦で苦戦を強いられていた状況について「幹事長ですから責任問題」「甘利さん戦犯ですよ」と突っ込み、小選挙区で落選が決まった際には「ご愁傷さま」と言い放った。さらに二階俊博前幹事長に対しては「いつまで政治家続けるつもりですか?」と質問し、二階氏に「当選したばかりで失礼だよ!言葉を選びなさい」とたしなめられる場面もあった。

 芸人らしく“攻めた”のだろうが、選挙特番という特性もありネット上では太田に批判が殺到。「見ていて不快。無礼すぎます」「ウケると思っているかもしれないけど、サブい」など散々な内容だ。

 これを受け、太田は自身のふるまいを反省。3日未明に放送されたTBSラジオ「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」で、甘利氏への「ご愁傷さま」発言、二階氏に対する「いつまで政治家」発言について「非難ごうごう。おっしゃるとおり、いちいちごもっとも。何の反論もできない。『とにかく態度が悪い』とか」と素直に反省した。テレビ関係者の話。

「TBSにとって『サンジャポ』を持つ爆笑問題は功労者。それで1度、政治にも関心が強い太田さんを試したのでしょうけど、完全に裏目に出ましたね(笑)。2度と選挙特番でお声はかからないでしょう」

 ただし、爆笑をよく知る者からはフォローする声もある。「へそ曲がりで破天荒なイメージがありますが、素の太田さんは繊細で本番前に念入りにプランを考えるタイプの人。ただし、テンションが上がってしまうと周りが目に入らず暴走してしまうクセはあります。今回は慣れない選挙特番ということもあって、感覚がおかしくなってしまったのでしょう」

 むしろ、コンビでヤバイのは太田の“暴走”を正す相方の田中裕二の方だという。スポーツ紙記者が明かす。

「扱いづらいのは田中さんの方。インタビュー取材では、機嫌が悪いと素っ気ないし『その質問、意味ある?』とか『いつまでやるの、これ』とか言ってくる。そんな時、気遣ってくれるのは太田さんの方で、相方の様子がおかしいと代わりに全面に出て面白いことを言ってくれます」と明かす。

 太田には選挙特番の失言で「テレビから消えろ」という声も寄せられているという。これに太田は「俺を許せないっていうなら、テレビから消えるしかない。そのときは『ご愁傷さま』って甘利さんに言われちゃうよ」と自虐的に語ったが、太田の存在はコンビにとっても大きい。これ以上炎上が広がらないことを祈るばかりだ。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

関連記事

    人気連載
    ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

    ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

    ――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

    人気連載
    「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

    「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

    【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

    人気連載
    霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

    霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

    不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

    爆笑・太田光が大炎上! だが真にヤバイのは相方・田中裕二説「とにかく扱いづらい」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

    トカナ TOCANA公式チャンネル