もうイジメ状態 眞子さんと小室さん「一般人」になった上でのロイヤルパワー

関連キーワード:

もうイジメ状態 眞子さんと小室さん「一般人」になった上でのロイヤルパワーの画像1

 秋篠宮家の長女・眞子さんの〝特別待遇〟が話題となっている。眞子さんは先月26日にすったもんだの末に小室圭さんと結婚。めでたく皇籍離脱し「一般人」となった。

 だが、その暮らしぶりは「一般人」とは程遠い。中国メディア「テンセント」内のサイト「紅袖説事」は「眞子内親王は結婚後も食べ物やファッションの心配がなく、東京の高級マンションに住み、宮内庁が〝24時間サービス〟を提供している」と報じている。

 祖父の学習院大名誉教授の川嶋辰彦さんが亡くなった際もVIP待遇だった。6日に家族葬が執り行われ、眞子さんは小室さんを伴い、参列したが「夫妻が乗るタクシーの周囲はSPの車で囲まれていました。やはり完全な『一般人』になるのは無理があるようです」(関係者)。

 極めつけは、現在の住まいだ。2人は東京・渋谷区の高級賃貸マンションで新婚生活を送っているが、なんと、同マンションはセキュリティーのためワンフロア〝貸し切り〟状態なのだという。

「ネットで調べれば2人の住まいはすぐに検索できてしまいます。そうなると、良からぬ思想を持つ者が夫妻と同じフロアに越してくる可能性もある。マスコミが隣の部屋を借りて、夫婦の会話を盗み聞きしようとすることも考えられる。そうした不安要素を解消するために、夫妻が住むワンフロアは現在新規で入居できない状況になっています」(一般紙社会部記者)

 住まいの賃料は夫婦持ちだが、その他〝空き部屋〟に対する補填費用の負担者は明らかになっていない。

 一連の結婚騒動で浴びせられた批判の大半は「国民の税金を使いやがって」というものだ。小室さんに付いたSP、実家に設置されたポリボックスはすべて公費で賄われており「総額は億単位」(同)。これが導火線となり、ネット上で心無い声が夫妻に集中することになった。

「小室さんが眞子さんの結婚相手に『ふさわしくない』といったところから始まっているのでしょう。異常というほかありません。日本にいる限り、眞子さんが完全な一般人になるのは不可能だとわかっているはずなのに、わざと引き合いに出して追及しています。これではイジメと言われても仕方がありません」とは皇室ライター。夫妻が「自由の国」アメリカを目指すのも当然か…。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

もうイジメ状態 眞子さんと小室さん「一般人」になった上でのロイヤルパワーのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル