最強消毒水「SO水」の真実とは!? 開発者で水研究の超重鎮・久保田昌治博士インタビュー!

 2019年12月から始まった新型コロナウイルスのパンデミックが、世界を一変させてしまった。現在のところ日本での感染拡大は落ち着いているが、比較的早いタイミングでワクチン接種が始まっていた諸外国に目を向けると、再び猛烈な勢いで新規感染者が増加している。この後、日本でも遅れて第6波、第7波……という事態が待ち受けているのか、決して予断を許さない状況だ。

 引き続き、この殺人ウイルスからどのように自分の身を守るべきなのか? ここ2~3年、筆者が自身の免疫力向上に寄与した可能性について考えているのが、日本における水研究の権威であるウォーターデザイン研究所所長・久保田昌治(しょうじ)氏が開発した「SO水(強電解酸性水)」である。真相に迫るため2019年に引き続き、久保田氏に再度インタビューを申し込んだ筆者(※)。話を聞くうちに明らかになったのは、このSO水が新型コロナウイルス感染症対策として、広く一般的に利用が広まることが期待されるという事実だ。

※ インタビュー実施は2020年2月。

「家族の中で自分だけ免疫力が高い」筆者の習慣7つを明かした前編はコチラ!

最強消毒水「SO水」の真実とは!? 開発者で水研究の超重鎮・久保田昌治博士インタビュー!の画像1
久保田昌治氏(2019年、編集部撮影)

■強電解SO水とは!?

 インタビュー本編に入る前に、まずは前提知識としてSO水についての基本的な情報をまとめておく。水を強電解すると、陽極の方では強い殺菌力をもつ強電解酸性酸化水(SO水)が生成され、陰極では強電解アルカリ性還元水(SR水)が生成される。久保田氏の研究所では、この強電解水を、「コスメウォーター」という商品名で、用途に応じて販売している。

 強電解SO水の方は、特に保湿・除菌に優れるとされ、にきび・アトピー・ヘルペス対策や、女性の肌のトラブルの解消や口臭・体臭を消すために広く利用されているが、インフルエンザなどのウイルスの殺菌にも効果が期待できるという。

 では引き続き、このSO水の開発者である久保田昌治理学博士に、特にインフルエンザや新型コロナウイルスなどの殺菌対策の観点から話を伺った内容を紹介する。

■水の権威、久保田昌治氏が語る

――新型コロナウイルスが猛威をふるっていますが、感染予防対策としてSO水を携帯型噴霧器のような物に入れて携帯して、口や鼻に噴霧しても問題ありませんか?

久保田昌治氏(以下、久保田)  SO水は酸化力があるので飲むには不適ですが、噴霧するレベルならば全く問題ありません。実際に老人ホームで、インフルエンザや肺炎予防に噴霧しているところがあります。病院でSO水を噴霧すれば、院内感染の心配が軽減される可能性があります。アルコールの場合は、そのように噴霧することは出来ませんが……。石鹸を使って手洗いした後、慎重を期してSO水を手に噴霧するのもありでしょう。

最強消毒水「SO水」の真実とは!? 開発者で水研究の超重鎮・久保田昌治博士インタビュー!の画像2
画像は「ウォーターデザイン研究所」より引用

――ウイルスには、構造からエンベロープ(ウイルス粒子を包む膜状の構造)のあるウイルスと無いウイルスがあり、コロナウイルスやインフルエンザウイルスのようにエンベロープウイルスは、アルコール消毒液が有効だそうですが、ノンエンベロープウイルスのようにアルコール消毒が効かないウイルスもあると聞きます。たとえばSO水でも、コロナウイルスには殺菌効果がないなどという可能性はありますか?

久保田  SO水は強い酸化力により、ウイルスを酸化分解(※)して消毒するために、どんな種類のウイルスでも死滅するはずです。

※ SO水の殺菌力の元は次亜塩素酸であり、その酸化力によって菌が酸化分解され死滅する。次亜塩素酸は消毒剤として多用される次亜塩酸ナトリウムに比べ10倍以上、菌の種類によっては100~1000倍以上の殺菌力があり、それだけ低濃度でも効果が期待できるため、生体と環境に対して優しいという。また、次亜塩素酸ナトリウムと異なり、SO水は手荒れが生じないだけでなく、使うほど手がすべすべしてくるという。

――最近では「濡れマスク」といって、マスクの内側のポケットに保湿のために濡れたウレタンを入れている製品がありますが、筆者はそのウレタン部分にSO水を噴霧して使用しています。そのような用途はどうでしょうか?

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

最強消毒水「SO水」の真実とは!? 開発者で水研究の超重鎮・久保田昌治博士インタビュー!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング更新

トカナ TOCANA公式チャンネル