プーチンを「木星に追放する」計画ついに発動! 人類史上初の“宇宙レベルの流刑”へ(最速ニュース)

関連キーワード:

,

,

,

,

,

TOCANAが最速厳選!
オカルト的オルタナティブニュース速報
(2022年3月16日 朝刊)

プーチンを木星に追放する計画が発動! すでに200万ドル確保で人類初の「星流し」実現か!

(中国を除く)各国からの猛烈な反発と制裁も何のその。ウクライナ侵略の手を決して緩めようとしないロシアのプーチン大統領。そんな“世界の敵”を「島流し」ならぬ「星流し」に処してしまおうというプロジェクト「Send Putin to Jupiter」が起ち上がった。その名の通り、流す先は木星だ。

プーチンを「木星に追放する」計画ついに発動! 人類史上初の宇宙レベルの流刑へ(最速ニュース)の画像1
画像は「Send Putin to Jupiter」より引用

 発起人は、今まさに侵略の憂き目に遭っているウクライナのデジタル変革省。先日、同国のフェドロフ副首相が起業家イーロン・マスクのツイートを引用し「彼ならプーチンを木星送りにできると確信している」と発言して話題になったが、それが実際に事業として動き出した形だ。なんと同プロジェクトはすでに世界中から200万ドル(2億3000万円)を上回る寄付を集めており、今後1億ドルの目標額に達するまで継続されるという。ちなみに、デジタル変革省としてはプーチンの“星流し”の実現に最大限努力するが、もしも達成されなかった場合でも寄付金はウクライナ軍の支援と同国の復興資金として活用されるようだ。それにしてもなぜ木星なのかと言えば、「太陽系で最大のガスの惑星だから」なのだという。ガスの如くこの世から消え去ってしまえということか。想像を絶する恐怖と苦しみの中にありながら、ユーモアを失わないウクライナの人々を讃えるとともに、一刻も早く平穏が戻ることを願いたい。

● 環境問題が人間の精神まで蝕む「エコグリーフ」とは!?

5月2日にビッグフットが出現、カタールW杯の優勝国はイングランド!? 2743年からやって来たタイムトラベラーがTikTokで暴露!

@timetraveler2743 Remember these dates. #fyp #fypシ #timetravel #timetraveler #2022 #summary #recap #xyzbca #viral #foryou ♬ original sound – TimeTraveler2743

40%の米国人が「ウクライナと同じ状況になったら戦うより逃げる」世論調査で判明

米ワイオミング州で人工的に雪を降らせる気象改変計画が発動

3月16日【今日の不幸】

 

 1898年3月16日は、オスカー・ワイルド作『サロメ』の挿絵で世界的人気を誇る天才イラストレーター、オーブリー・ビアズリーが死亡した日である。

 

 その魔術的と表現される描線は後年に絶大な影響を及ぼし、後のハリー・クラークや、日本では佐伯俊男らのモノクロームの作品を作家的特徴とするイラストレーターに受け継がれ、さらには日本の漫画家、魔夜峰央や手塚治虫にまで影響を与えたと言われている人物であるビアズリー。

 

 その作品を一躍世に知らしめたのは後に終生の共作者となったオスカー・ワイルドの『サロメ』の挿絵であるが、その挿絵群は『日本的すぎる』ということでワイルドはあまり気に入ってなかったという。

 

プーチンを「木星に追放する」計画ついに発動! 人類史上初の宇宙レベルの流刑へ(最速ニュース)の画像2
オーブリー・ビアズリーの『サロメ』挿絵と彼のポートレート 画像は「Wikipedia」より

 しかしその後の作品でもワイルドとの共作は続き、やがてエドガー・アラン・ポーの『黒猫』の挿絵を手がけるなど、ビアズリーは一躍人気イラストレーターとなっていった。

 

 しかし1895年4月5日、ワイルドが同性愛の罪で逮捕されるというスキャンダルが起き、ビアズリー自身は同性愛者でなかったものの(一説には無性=アセクシュアルだった)、あらゆる職場を失い、以降は困窮と戦う人生になった。

 

 1897年に出所してきたワイルドに『レディング監獄の歌』の挿絵を頼まれたが、その依頼を断り、二度とワイルドとの仕事をすることはなかった。

 

 では彼は、何を目的に作品を作っていたのか。

 

「I have one aim—the grotesque. If I am not grotesque I am nothing.」

 

 ビアズリーはその目的をたったひとつ“グロテスクであること”と語った。

 

 そんな彼が、同性愛というスキャンダルを嫌い、その死に際してエロティックな作品群を破棄するように願ったというから興味深い。

 

 ビアズリーがたった25歳という人生の中で、数え切れない絶望を経験したことは想像に難くない。

 

 ちなみに2015年3月16日は、日本を代表するイラストレーターの金子國義も死亡しているが、3月16日は世界中のイラストレーター、そしてそのファンにとっては忘れられない日であろう。

 

<3月16日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

構成=編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

100%幽霊が出る心霊スポットとして現在TVやネットで話題沸騰中の俳優レッ...

2022.05.13 18:00異次元
矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.08 09:00異次元
田原俊彦の舞台を“事故席”から鑑賞する不気味な男…! 旧知のカメラマンが最恐の心霊現象を暴露!

田原俊彦の舞台を“事故席”から鑑賞する不気味な男…! 旧知のカメラマンが最恐の心霊現象を暴露!

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.01 09:00異次元
“ウクライナ後”に待ち受ける「ブレイブニューワールド」とは!? 中露と隔絶した新たな世界秩序をジェームズ斉藤が解説

“ウクライナ後”に待ち受ける「ブレイブニューワールド」とは!? 中露と隔絶した新たな世界秩序をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.04.28 18:00海外
5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.05.20 15:00異次元

プーチンを「木星に追放する」計画ついに発動! 人類史上初の“宇宙レベルの流刑”へ(最速ニュース)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル