ロシア中枢で「プーチン毒殺計画」発覚か! エリート層が極秘選出した“後任”も判明(最速ニュース)

関連キーワード:

,

,

,

,

TOCANAが最速厳選!
オカルト的オルタナティブニュース速報
(2022年3月22日 朝刊)

ロシア中枢で「プーチン毒殺」計画発覚か! エリート層が水面下で極秘決定した“後任”の名前も

ロシア中枢で「プーチン毒殺」計画発覚か! エリート層が極秘選出した後任も判明(最速ニュース)の画像1
画像は「Mirror」より引用

 国際社会から非難の嵐を浴びようとも、ウクライナ侵攻の手を緩めようとしないロシアのプーチン大統領。日本を含む各国が結束して打ち出す経済制裁によってロシア経済の「崩壊」も現実味を帯びてきたと指摘されるが、クレムリン内部でプーチンを排除しようとする水面下の動きも活発化してきた可能性が浮上している。

ロシア中枢で「プーチン毒殺」計画発覚か! エリート層が極秘選出した後任も判明(最速ニュース)の画像2
ボルトニコフ 画像は「Mirror」より引用

 英紙「Mirror」をはじめ複数の海外メディアが一斉に報じたところによると、ロシアの政治経済に極めて影響力のある“エリート層”に属する人物たちが今、プーチンを毒殺して新たな指導者を擁立するとともに、西側諸国との経済的関係を早急に回復させる極秘プランを練っている可能性があるという。ウクライナ国防省の諜報関係者が証言した。なお、もたらされた情報によると後継者の名はアレクサンドル・ボルトニコフ(70)。プーチンのKGB時代からの同僚であり、現在は連邦保安局(FSB)長官として厚い信頼を得ている側近中の側近とされる人物だが、ウクライナ短期攻略のシナリオが崩れた今、2人の関係にヒビが入りつつあるという。実際、先日プーチンは戦略を見誤った責任を取らせる形でFSB幹部数名を自宅軟禁下に置いたことが判明しているが、これはボルトニコフに“恥をかかせる”意味もあったとのこと。ちなみに、ボルトニコフの冷酷さはプーチンに勝るとも劣らないとの指摘もある。

 欧米の思惑とロシア中枢の内部事情まで絡み、ますます先が見通せない状況になってきた印象だが、そうこうしている間にもウクライナ市民が次々と命を落としている。一刻も早く平和がもたらされることを願わずにはいられない。

オンラインで得た情報は忘れがちな「グーグル効果」全人類レベルで深刻化(最新研究)

豪ゴールドコーストに現れたUFOがヤバい! 強風を物ともせず飛行、目撃者多数!

「夫に恋をしている老婆の幽霊」に襲われた看護師の女性! 8歳息子も目撃=英

リッツクラッカーの周りのギザギザ、実はチーズをカットするためのものだった!

3月22日【今日の不幸】

 

 1832年3月22日は、ドイツを代表する詩人であり劇作家のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが死亡した日である。

 

 不倫と悲恋に煩悶し自殺を選ぶ学生の『若きウェルテルの悩み』等、若くして既にヨーロッパ中に知れ渡る人気作家であったゲーテであるが、その人生をかけて成し遂げた偉業といえば、二部構成からなる長大な戯曲『ファウスト』である。

 

 ドイツに15世紀頃から伝わっていたとされる『ファウスト伝説』を取材、再構築し、若き頃からのテーマである《人間の生きる価値》についてを、ファウスト博士、善良な娘グレートヒェン、そして人間を誘惑する悪魔メフィストーフェレスのやりとりで描いている。

 

ロシア中枢で「プーチン毒殺」計画発覚か! エリート層が極秘選出した後任も判明(最速ニュース)の画像3
ゲーテ『ファウスト』の挿絵 画像は「Wikipedia」より引用

 この挿絵の下にある「Have you not led this life quite long enough ?(もう十分に長く生きてこなかったのか?)」は劇中でメフィストがファウストに問う言葉のひとつであり、このような問いかけを通じて人生の弱みと脆さ、美しさが綴られていく大作が『ファウスト』なのである。

 

 果たして、ゲーテの人生は悩みの中にありながら、常に自らの欲望のサイドに突き動かされる極めて“人間らしい”ものであった。

 

 自殺を思い立つほどの悲恋に苦しんだ学生時代も、盟友シラーの死に半身を削がれるような絶望を味わいもしたが、ゲーテは常に死を選ばず、その不幸を自らの作品に落とし込み、また次の恋愛(=生)へと移っていくのである。

 

 それは80歳にして17歳の少女に失恋したということでも明らかである(もちろん作品にした)。

 

 82歳で死亡する際にも「もっと光を!」と言ったとされるゲーテだが、それはおぞましいほどの生への執着が現われた“エロスの断末魔”ともいえるのではないだろうか。

 

<3月22日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

構成=編集部

TOCANA|世界をオルタナティブな視点で読み解く
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

ロシアで相次ぐオリガルヒ怪死の真相とは? 「グレート・ナラティブ」到来か、ジェームズ斉藤が明かす超機密情報

ロシアで相次ぐオリガルヒ怪死の真相とは? 「グレート・ナラティブ」到来か、ジェームズ斉藤が明かす超機密情報

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.27 17:30海外
露がウクライナに宣戦布告できない事情とは? 米が得た利益、英の謀略も… ジェームズ斉藤が闇を完全暴露!

露がウクライナに宣戦布告できない事情とは? 米が得た利益、英の謀略も… ジェームズ斉藤が闇を完全暴露!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.26 19:30海外
【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

100%幽霊が出る心霊スポットとして現在TVやネットで話題沸騰中の俳優レッ...

2022.05.13 18:00異次元
矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.08 09:00異次元
5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.05.20 15:00異次元

ロシア中枢で「プーチン毒殺計画」発覚か! エリート層が極秘選出した“後任”も判明(最速ニュース)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル