最後の日活ロマンポルノ女優・かとうみゆきのオカルト体験が壮絶すぎる!! 「死はあっけないものだ」と書いたら…!

最後の日活ロマンポルノ女優・かとうみゆきのオカルト体験が壮絶すぎる!! 「死はあっけないものだ」と書いたら…!の画像1
『ラスト・キャバレー』

 女優・かとうみゆき氏は10代で芸能界にデビューし、大人気ドラマ「毎度おさわがせします」(TBS)で中山美穂の同級生役として大抜擢された。19歳で事務所から独立すると、伝説的AVレーベル・宇宙企画の「宇宙少女」、日活ロマンポルノの“最後の主演女優”に抜擢されるなど活躍の場を広げ、数多くのファンを獲得してきた。近年ではアジアにも進出し、韓国ドラマや中国で約4億人が視聴する人気連続ドラマへの出演も果たした。

 だが女優としての目覚ましい活躍の一方、かとう氏にはスピリチュアルな能力が具わっており、実はとても不思議な人生を送ってきたという。最近では、その超次元的な感性を活かした仕事にも精力的に取り組んでいるようだ。そんな噂を聞きつけたトカナは、かとうみゆき氏の神秘的な魅力に迫るべく、直撃インタビューを敢行した。

前編:かとうみゆき、超能力を手に入れた経緯とは? 「宇宙企画」撮影秘話まで完全暴露

■パリでの恐怖、デスノート体験……!

――一通りかとうさんのことについてお聞きしまして、では本題に移らせていただきます。芸能活動をしてきた中でたくさん不思議な体験をされているとか?

最後の日活ロマンポルノ女優・かとうみゆきのオカルト体験が壮絶すぎる!! 「死はあっけないものだ」と書いたら…!の画像2
かとうみゆき氏(撮影=編集部)

かとうみゆき氏(以下、かとう)  今から約30年前のことです。当事、私は22歳でしたが日活ロマンポルノ『ラスト・キャバレー』を撮った後、とあるプロデューサーから「どうしても、かとうみゆきを撮影したい」というオファーがあったんです。それで、撮影隊全員でパリまで移動することになったのですが、プロデューサーの段取りが悪くて道中いろいろなトラブルがあって、ようやく現地に着いた時には全員ピリピリして一触即発ムードでした。

 そんなひどい状態だったので、ホテルに入っても何も食べたくないし、眠れなかったんです。それでベッドでただ横になっていると、突然部屋全体がガタガタ揺れて、ぐるんぐるん回り始めて、天井から声が聞こえてきました。なぜか日本語で「埼玉の○○が憎い」と、名指しなんです。小さな古いホテルだし、地場的にいろいろあったのかもしれませんが、それにしても「埼玉の〇〇」が誰で、なぜ憎いのか、今でも謎です。もともと霊感は強いですが、あれほど低次元のものは初めて見ました。私の波動が弱っていたからそういう魔物が寄ってきたのだと思います。恐いを通り越して、命の危険を感じました。

――何から何まで不思議で恐ろしい体験ですね。

かとう  それから奥山和由さんと一緒にお仕事をさせていただいた時のことです。

――奥山さんといえば日本映画界を代表するプロデューサーですね! 以前トカナでもインタビューさせていただきました。

最後の日活ロマンポルノ女優・かとうみゆきのオカルト体験が壮絶すぎる!! 「死はあっけないものだ」と書いたら…!の画像3
『ラヴィアン・ローゼ』

かとう  私を映画監督として売り出していただけることになりまして、自分で脚本を書いて、主演から監督まで全部やって、2001年に『ラヴィアン・ローゼ』という映画を製作したのですが、家でその脚本を執筆中に不思議な経験をしました。

 その時、私は何を思ったのか「死はあっけないものだ」と書いてペンを置き、そのまま家を出たんです。そして駅に行って、普段なら階段を登るところを、なぜかその時はエスカレーターに乗ったんですね。そうしたら、エスカレーターを上った先にお婆さんが倒れていました。そこで突然我に返って、お婆さんが危ない状態に見えましたので、救急車が来るまで傍に付き添っていたのです。でもその翌日、救急隊の方から「あのお婆さんが亡くなりました」と連絡をいただきました。

――“あっけない死”を目撃してしまったわけですね。まるで「デスノート」みたいな話ですね……!

 

■心理学、愛、エネルギーと波動… 全てつながっていた!

最後の日活ロマンポルノ女優・かとうみゆきのオカルト体験が壮絶すぎる!! 「死はあっけないものだ」と書いたら…!の画像4
かとうみゆき氏(撮影=編集部)

――かとうさんはタロット占い・四柱推命・気学占い・風水鑑定士などスピリチュアル分野のさまざまな技術を勉強されています。直接のきっかけは何だったのでしょうか?

かとう  女優の仕事が下火になってきた20代後半の時、お付き合いしていた男性が目の前で捕まる出来事がありました。彼の部屋で一緒に過ごしていたら、いきなり警察官が6人くらい入ってきて連行されていきました。その彼は、私の前ではすごく優しくていい人だったので「まさか?」と思いましたが、それと同時に、「金持ちの息子で何もかも持っていたはずが、どうしてこんなことに?」と疑問を感じて、そこから心理学を学ぶようになったんです。心理学の本を読み漁って、それだけでは足りなくなって学校にも通い始めるうちに、精神の問題、そしてスピリチュアルの分野と、全部が繋がっていることに気づいたのです。

――それは衝撃的な体験ですね。お2人が結ばれることはなかったんですね。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

最後の日活ロマンポルノ女優・かとうみゆきのオカルト体験が壮絶すぎる!! 「死はあっけないものだ」と書いたら…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル