『君の名は。』級の隕石衝突&大災害は現実にあり得る! 東大教授・杉田精司インタビュー

 11月11日に封切りを控えた新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』の公開に先立って、今夜21時からの金曜ロードショー(日本テレビ系列)では『君の名は。』が放送される。異例の大ヒットを記録したことも記憶に新しい同作だが、物語の重要な役割を担うヒロインの友人が雑誌『ムー』の愛読者として登場するなど、意外なオカルト色の濃さも印象的だった。

 一部では、”新海誠監督がオカルトファンであることは間違いないだろう”という噂も。というのも、『君の名は。』が隕石墜落やパラレルワールドに関する情報を徹底的にリサーチした上で製作された作品であることは明白で、さらに実際、ある日突然隕石落下によって街が消滅する可能性はあるというのだーー。

 過去にトカナでは、巨大隕石による人類滅亡説を巡って、東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻の杉田精司教授(比較惑星学)にインタビューを行なっている。我々は予想外の大災害にどこまで耐え得るのか。今夜の放送にあわせて、再び記事を掲載する。

※ こちらの記事は2017年2月18日の記事を再掲しています。

『君の名は。』級の隕石衝突&大災害は現実にあり得る! 東大教授・杉田精司インタビューの画像1杉田精司教授(撮影:編集部)

 降り注ぐ汚染物質、大気圏に空いた穴、歪む重力、エイリアンの侵略、太陽嵐による電力・通信網のダウン、忍び寄る病原菌、核戦争の脅威……。トカナが日頃から指摘してきたことであるが、現在の地球はこのように人類滅亡につながる大災害のリスクに満ちている。そして昨今、各国が特に対策に力を入れはじめた“地球存亡の危機”こそ、巨大隕石の衝突だ。

『君の名は。』級の隕石衝突&大災害は現実にあり得る! 東大教授・杉田精司インタビューの画像2画像は、ヒストリーチャンネル「人類滅亡の日~世界が終わる10のシナリオ~」より引用

 巨大隕石の衝突による地球の死――それは、私たちの意思や希望などお構いなしに発生し得る不可抗力といえる。ある日突然、すべてが終焉を迎える事態は本当に起きるのか?

 真実を探るため、今回トカナはヒストリーチャンネル(スカパー!やケーブルテレビなどで視聴可能)の新番組『人類滅亡の日 ~世界が終わる10のシナリオ~』に専門家陣の一人として登場する、東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻の杉田精司教授(比較惑星学)にインタビューを敢行! 気が遠くなるほどのスケールで人類に迫ってくる宇宙の謎と脅威に、最前線で立ち向かう日本を代表する科学者は、いったい何を語ったのか!?


■隕石衝突による地球滅亡は現実的危機か?

――杉田教授、本日はトカナのインタビューをお受けいただき、誠にありがとうございます。まずは単刀直入にお伺いします。果たして巨大隕石による人類滅亡について、現代を生きる私たちは本当に危惧すべきなのでしょうか?

杉田精司教授(以下、杉田) 客観的に(隕石に関するさまざまなデータ上の)数字だけを見て考えれば、私たちが生きているうちに文明が破滅するような衝突が起きる可能性を必要以上に騒ぎ立てて、怖がらなくてもよいのではないかと思います。

――えっ! では、現時点でそこまで対策を練る必要はないということですか?

『君の名は。』級の隕石衝突&大災害は現実にあり得る! 東大教授・杉田精司インタビューの画像3杉田精司教授(撮影:編集部)

杉田 実は、そうでもありません。ほぼ起きないだろうと思っていても、それが突如として起きることもあるわけです。私がそのことを実感したのは、まず東日本大震災です。

 学生時代のことですが、数百年前に東北を巨大な地震と津波が襲ったという話をたしかに耳にしていました。しかし、地震を研究していた仲間は、そのような規模の災害は数千年単位で起こるだろうから、私たちが生きているうちに再び起こることはないだろうと考えていたのです。そもそも、かつて本当に東北でそれほどの災害があったとは言っても、今となってはよくわからないはずで、それに本気で対策を講じていたら、いくらお金があっても足りないだろう、と。

――しかし、まだ起きないと思っていたことが、現実に起きてしまった……。

杉田 それから、2013年のロシア・チェリャビンスクでの隕石落下も同様です。幸いにも死者は出ませんでしたが、千を有に超える数の人々が負傷しています。あれは人が死んでもおかしくない事態だったと思っています。当時は、こんなことが起きるのか、という率直な感想を持ちました。

『君の名は。』級の隕石衝突&大災害は現実にあり得る! 東大教授・杉田精司インタビューの画像42013年、チェリャビンスク州の隕石落下(隕石の軌跡)
画像は、「Wikipedia」より引用

 破片となる前の隕石の大きさは直径20mもなかったと推定されていますが、これがもし50mだったとしたら、エネルギーの大きさは一桁も大きくなります。1908年のツングースカ大爆発の例もありますし、起きないと思っているからといって、決して馬鹿にすることはできないのです。

――では、やはり私たちは何らかの対策を練らなければならないと!?

杉田 結局のところ、どこまで心配するべきかという話に戻ってくるわけですが、それはほとんど起こらないかもしれない大災害に対して、どれだけ予算を投じて対策を講じるかという話にほかなりません。いま可能なことを、できる範囲で行うべきなのでしょうね。

■人類はどれくらいの隕石を把握しているのか?

――トカナでも報じているのですが、今年1月に「2017 AG13」という隕石が地球にかなり接近し、ギリギリのところ(地球から月までの距離の半分)をかすめていったにもかかわらず、NASAが事態を把握したのはわずか24時間前だったというニュースがありました。いったい世界各国の宇宙機関は、地球に接近する可能性がある隕石について、どれくらいしっかりと把握しているのでしょうか?

『君の名は。』級の隕石衝突&大災害は現実にあり得る! 東大教授・杉田精司インタビューの画像5イメージ画像:「Thinkstock」より

杉田 それは大きさによって異なります。もしも衝突した場合にほぼ間違いなく生命が滅亡すると思われる直径10km以上の隕石については、すべて調べ尽くしています。それよりも小さく、しかし破滅的な被害をもたらす1km以上の隕石も、だいぶわかっているのです。ただ、直径100mや50mのレベルになると、見つかっていない隕石は数多くあります。先程述べたチェリャビンスクでの隕石と同レベル、直径10~20mとなれば、私たちが知らないものがほとんどです。

――それはつまり、映画『君の名は。』のように、ある日、突然の隕石落下でひとつの街が消え去ってしまうような大災害が起きることは……

杉田 現実に“ある”ということです。確率は1万年に1度ほどですが、ゼロではありません。

つづく


インタビュー第2回では、杉田教授が「はやぶさ2」の驚愕極秘ミッションについて明かす!


<東京大学 杉田精司 教授 プロフィール>
東京大学大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻宇宙惑星科学講座
惑星の起源と進化を理解するため、室内実験と惑星探査の両面から研究を実施。室内実験では、惑星初期進化で支配的な役割を果たした小天体衝突の機構解明に注力。地球の基本形が作られた地球集積期やその直後の時代の表層環境の解明が目的。2014年に打ち上げられた「はやぶさ2」計画では、可視分光カメラの責任者を務めている。

編集部

TOCANA|世界をオルタナティブな視点で読み解く
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

僕は46億歳。

杉田先生が監修!

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

『君の名は。』級の隕石衝突&大災害は現実にあり得る! 東大教授・杉田精司インタビューのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル